VIPPER速報 > カテゴリー:SS

    カテゴリー:SS



    16018310



    1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/09/11(火) 20:36:01.50 ID:vE1AJ5M/0

    バスケットボールの強豪として知られる帝光中学校に
    「キセキの世代」と呼ばれる10年に1人の天才が5人同時に存在し、無敗を誇っていた
    そんな中、その5人が一目置いていたといわれる・・・幻の「6人目」が存在した

    勝俣「やっぱキセキの世代かっけぇなぁ・・・」

    勝俣「俺もゾーン入ってみてぇな」

    ぷるるるるるるっ

    勝俣「・・・・・」

    ぷるるるるるっ

    ―30分後―

    勝俣「ちょwwwww着信履歴が420件!?www」

    勝俣「全部アッコさんかよおおおwwwwwww」






    4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/09/11(火) 20:40:58.75 ID:vE1AJ5M/0

    ピッ

    勝俣「アッコさん??チャァァァッシャァッス!!」

    勝俣「はい・・・はい!お疲れ様です!!」

    勝俣「ホントすいませんwww寝てて出れなかったんすよ!!」

    勝俣「え?今から飲みに?」

    勝俣(せっかく黒子のバスケ読んでるしなあ・・・)

    ドンドンッ

    アッコ「勝俣ァ、はよ開けろや」

    ドンッドンッ

    勝俣「電話の意味ねぇwwwwwwwwwwwwww」

    ガチャッ

    アッコ「お前、なに電話無視しとんねん」

    勝俣「すんませんっす!!!ホントにすんませんっす!!」





    5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/09/11(火) 20:43:47.56 ID:vE1AJ5M/0

    アッコ「あん?なんやこの漫画」

    勝俣「ああ!これはバスケ漫画っすよ!!」

    アッコ「ほくろのバスケ・・・?ほくろがバスケするんか?」

    勝俣「wwwwwwwwwwwwwwwwww」

    アッコ「おいw」

    ドスッ

    勝俣「ちょ・・痛いですってww」

    勝俣「ほくろじゃないです!黒子っていう主人公がバスケする話っすよ!」

    アッコ「ほう、中々面白そうやんけ」

    勝俣「ただのバスケ漫画じゃないとこが面白いんすよお!」

    アッコ「どういう意味や?」

    勝俣「超人的な能力を持った6人のバスケ選手達が戦い合うんすよ!」





    この記事の続きを読む


    70a812cc



    1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/09/04(火) 18:42:47.70 ID:T6BbqyD00

    アッコ「なんや?勝俣、見えてんのか?」

    勝俣「見えてるってwwwwwデカイ女が見えてますよwwwwww」

    アッコ「おい、勝俣ァ!」

    勝俣「すんませんっすwwwwwww!!!!」

    アッコ「まさかお前にあたしの姿が見えてるなんてな」

    勝俣「死神の力は誰かに分けてもらったんすか?」

    アッコ「アホか、勝手に死神の力が目覚めただけや」

    勝俣「それって死神代行じゃなくてただの死神っすよwwww!!!!!」





    2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/09/04(火) 18:54:10.13 ID:T6BbqyD00

    アッコ「いっつも仕事終わりに化け物退治してんねん」

    勝俣「すっげぇ!!!!仕事終わりに死神代行までしてたんすねwwwww」

    アッコ「勝俣ァ!伏せ!」

    勝俣「ハァァァァイッスッ!!!!!!!」

    ヒュンッ

    虚「ウオオオ」

    勝俣「ちょwwwwwwコイツめっちゃブサイクっすねwww!!!」

    アッコ「そいつがワルさしてる敵や!」

    虚「ウオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!」

    勝俣「うあああああああああ!!!!アッコさん危ないっすよ!!!!!」

    アッコ「破道の九十 黒棺」

    ブシャァァァァァァ

    勝俣「うっはぁ!!!アッコさんいきなり詠唱破棄で九十番台の技使えたんすねwww!!!!」

    アッコ「これぐらいならコントロール出来るわ」

    勝俣「もう藍染超えちゃってるじゃないっすかwww!!!!!」




    4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/09/04(火) 18:56:18.17 ID:2KuLphri0

    勝俣は何者だよ




    この記事の続きを読む

    1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/09/01(土) 23:21:11.88 ID:LwOpXfMe0

    男『え?そこからスタートするの?』

    メリー『うん』

    男『え?』

    メリー『え?』

    男『名古屋が地元なの?』

    メリー『ううんちがうよ、昨日はナゴヤドームでドラゴンズ応援してた』

    男『そう・・・今から来るの?』

    メリー『遠いけど行く』

    男(俺今から出かけるんだけど・・・)




    2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/09/01(土) 23:21:34.17 ID:UR7GKslt0

    可愛い




    4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/09/01(土) 23:22:33.39 ID:eiwj2Ckf0

    期待




    この記事の続きを読む

    1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/09/02(日) 20:11:21.36 ID:W2TANauJ0

    ―群馬県某駅前―


    ひろし「ったく……こんな所にまで勝手についてきやがって。旅行じゃねぇんだぞ?これは仕事なの、し・ご・と!」

    しんのすけ「えー?なーんだ、綺麗なおねいさん達とイチャイチャしに来たんじゃないの?がっかりだゾ」

    ひろし「違うわ!確かに、仕事終わりにしたいとは思ってたけど……」

    しんのすけ「……」ジー

    ひろし「と、とにかく!俺の用事が終わるまで、そこの本屋で暇を潰してろ。5時にここに迎えに来るから。勝手にどっかに行ったりするなよ?」

    しんのすけ「ほーい」




    5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/09/02(日) 20:14:07.02 ID:W2TANauJ0

    しんのすけ「なーんて言われたけど、暇だゾ……可愛いおねいさん見つけてナンパしよーっと」テテテ

    しんのすけ「お?」

    なの「~♪」

    しんのすけ「おぉ!あそこに早速可愛いおねいさんはっけ……ん?」

    しんのすけ「……あの人、背中にネジが付いてるゾ?もしかして……」


    しんのすけ「ねぇねぇ、そこのおねいさん!」

    なの「……?はい、私ですか?」

    しんのすけ「おねいさん、ロボットなの?」

    なの「@!?」




    6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/09/02(日) 20:16:15.44 ID:W2TANauJ0

    しんのすけ「だって、その背中のネジ……」ジー

    なの「え、えーっと……!」

    なの(これまでに勝手にネジをいじられたり怪訝な目で見られたことはあったけど、まさか初対面でロボかどうか聞いてくるなんて……!)

    なの「そのですね、このネジは決してロボ的なものではないというか、だから私はロボットではなくてですね、その」アセアセ

    しんのすけ「そうなの?」

    なの「そ、そうなんです!つまり私はロボットでは……」

    しんのすけ「本当に?」ジッ

    なの「え、いえ」

    しんのすけ「……」ジー

    なの「その……」




    この記事の続きを読む

    コナン(13)「また筆箱がなくなってる」

    31コメ

    • Date2012年08月24日
    • CategorySS

    1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/08/23(木) 19:43:25.97 ID:42UmhXyZ0

    コナン「中学生になり」

    コナン「俺はいじめられていた」

    コナン「だが、最初は特に気にしていなかった」

    コナン「容姿端麗、頭脳明晰。そう言われて嬉しくないはずがない。それを妬む者もいるというのも何ら不思議ではない」

    コナン「中学生のいじめなんて可愛いもの」

    コナン「そう思っていたが」

    コナン「その主犯が光彦と知ったとき」

    コナン「俺は学校に行くのをやめた」




    2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/08/23(木) 19:44:03.38 ID:cGhAP4Go0

    続きによっては気になってる自分がいる




    10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/08/23(木) 19:46:43.37 ID:42UmhXyZ0

    コナン「俺は今工藤家で一人暮らしをしている」

    コナン「親は帰ってこず、訪ねてくる者もいない」

    コナン「そういや。博士とも、最近あってねぇなぁ」

    コナン「蘭は元気かな... 」




    この記事の続きを読む

    1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/08/17(金) 18:46:54.75 ID:roRdthKG0

    サンジ「んー、やる気だけで何とかなったら苦労しないわけだわ、うん」

    サンジ「まあ、わかると思うけど?うち海賊だから、料理人はいるわけよ」

    サンジ「そこで新入りは皆こうやって料理からスタートするわけ、わかるね?」

    ロビン「はい!」

    サンジ「他の仕事覚えるまでは料理、わかるね?うん」

    サンジ「でも料理なめてもらっちゃあ困るわけよ、なんせ一味にご飯がなかったら航海なんてできない、そうだよねぇ?」




    2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/08/17(金) 18:47:51.45 ID:MJIhSFpf0

    悲しい裏舞台だな




    4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/08/17(金) 18:50:07.31 ID:roRdthKG0

    サンジ「それで?何?考古学?それは仕事なの?」

    ロビン「歴史について調べてます!」

    サンジ「歴史ねぇ、それはどこからお金が入ってくるの?仕事なの?」

    ロビン「いえ、その、それは・・・」

    サンジ「仕事なめんじゃないよ!!!いままでニートだったのか?あ?それで食っていけると思ってったのか!?あぁ?」

    サンジ「だいたいねぇ・・・最近多いのよ・・・ニート卒業して一攫千金目指して海に出るって輩がさ・・・」

    サンジ「おかしいとおもわない?普通の仕事もできないようなニートがさ、海賊なんてできるわけないのにさ・・・」




    5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/08/17(金) 18:51:26.11 ID:roRdthKG0

    サンジ「海賊にどんな夢や幻想を抱いていたかしらないが、ここはそんなに甘い世界じゃない、わかるね?」

    ロビン「はい、わかりました!!!!」

    サンジ「あーもう、そんなんじゃダメ、全然ダメ」

    サンジ「面接の受け答え練習してきたのはわかる、でもさ、違うのよそれは」

    サンジ「マニュアル通りの面接なんてなんにも意味ないわけ、ねぇ?面接って会話でしょ?」

    サンジ「これじゃただの発表会じゃない、「責任感はあります」「考古学者です」そんなんじゃダメ」





    この記事の続きを読む

    1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/08/18(土) 19:00:47.36 ID:UY6KK4zY0

    コナン「もしおっちゃんが高校生に戻れたとしたらさどうする?」

    小五郎「もしって、んなことあるわけねーじゃねーか」

    コナン「だからもしって言っただろ」

    小五郎「うーん・・・そうだな・・・」

    小五郎「そりゃ高校生に戻れたら・・・」

    コナン「・・・」

    小五郎「嬉しいわな」




    4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/08/18(土) 19:03:05.76 ID:UY6KK4zY0

    コナン「おっちゃんって今何歳だっけ?」

    小五郎「俺は今38だよ」

    コナン「ようするに20歳若返るってことだよな」

    小五郎「そうだな。あの時に戻れるならまぁ戻りてぇか」

    コナン「なんで?」




    7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/08/18(土) 19:05:39.24 ID:UY6KK4zY0

    小五郎「なんでってなぁ」

    コナン「新一兄ちゃんにも似た様な質問したんだよ」

    小五郎「新一に?」

    コナン「小学一年生に戻れたらうれしいかって。新一兄ちゃんは小学生になりたくないって言ってた」

    小五郎「ほう」

    コナン「っでもおっちゃんは18になれるならなりたいんだろ?」

    小五郎「ああ。そうだな」




    この記事の続きを読む

    1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/08/17(金) 00:14:16.46 ID:vbb9SoEW0

    たまえ「昨日もニュースでやってたよね」

    まる子「しかも誘拐された子があたし達と同じ年の子だからねぇ」

    まる子「お母さんが朝から知らない人に付いて行くなって何度もしつこく言ってきたのには参っちゃうよ」

    たまえ「この辺の地域だから怖いよね…」

    まる子「大丈夫大丈夫!そう簡単に誘拐なんてされないに決まってるよ!」





    8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/08/17(金) 00:19:57.40 ID:vbb9SoEW0

    野口「…クックックッ…果たしてそれはどうかな」

    まる子「野口さん、どういう事さ?」

    野口「ここ最近で起きた誘拐事件の詳細を知ってるかい?」

    たまえ「誘拐された子が全員小学生って事だよね」

    まる子「えぇ~?全員小学生だったの?」

    たまえ「まるちゃん、ちゃんとニュース見てないの…?」

    まる子「誘拐されたって事ぐらいしか知らないや」

    野口「…今もまだ見つかってない」

    野口「捜査は難航…このまま迷宮入りかもしれないね…クックックッ」

    まる子「や…やだよ野口さん…そんな風に言われると怖くなってきたよあたしゃ…」





    9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/08/17(金) 00:22:59.19 ID:vbb9SoEW0

    ガラガラッ

    戸川先生「皆さん、おはようございます」

    まる子「たまちゃん!今日の学校が終わればいよいよ夏休みだね!」

    たまえ「うん!いっぱい遊ぼうね?」

    まる子「もちろんだよ、たまちゃ~ん!いっぱい遊ぼう!」

    戸川先生「今日からいよいよ夏休みですね」

    戸川先生「ですが、皆さんに1つだけ注意して欲しい事があります」

    まる子「なんだろう?」

    戸川先生「知ってる人もいるとは思いますが、この地域では誘拐事件が頻繁に起きています」

    戸川先生「知らない人には絶対に付いて行ってはいけませんよ」

    まる子「ああ…また始まったよ…別に誘拐なんて大丈夫だってのに」

    キートン「さっきまで誘拐事件に怯えていたのはあんただ」




    この記事の続きを読む

    1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/08/17(金) 01:35:45.55 ID:roRdthKG0

    サンジ「お前の夢は俺の夢でもあるんだ!協力させてくれ!!!!」

    ナミ「そうよその意気!私も微力ながらも協力させてもらうわ!!」

    ウソップ「流石だぜ!!!もちろん俺も協力する!!頼んだぜ船長さんよ!!!」

    チョッパー「協力したい!!!!いや、させてくれ!!!ねぇルフィ!!!」

    ルフィ「お、おう」




    3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/08/17(金) 01:37:53.23 ID:roRdthKG0

    ルフィ「お前がクロコダイルか!!!海賊王になるのは俺だ!!!!」

    クロコ「海賊王?フンッ!!!笑わせてくれる!!!!俺はグランドラインのはじまりでお前みたいな意気のいいルーキーは
    何度も見てきた!!!!!お前なんぞ五万といるルーキーの一人にすぎねぇ!!力の差もわからねぇゴミが!!!!こい、
    力の差を思い知らせてやる!!!!」

    ルフィ「おい、今なんつった・・・」ポキポキ

    クロコ「海賊王?フンッ!!!笑わせてくれる!!!!俺はグランドラインのはじまりでお前みたいな意気のいいルーキーは
    何度も見てきた!!!!!お前なんぞ五万といるルーキーの一人にすぎねぇ!!力の差もわからねぇゴミが!!!!こい、
    力の差を思い知らせてやる!!!!」




    4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/08/17(金) 01:38:24.34 ID:roRdthKG0


    サンジ「ルフィ!!!紅茶はいったぞ!!!!!」

    ゾロ「おいルフィ!!!七部海倒すとかすげーじゃねーか!!!」

    ナミ「このまま海賊王になりましょ!!!」

    チョッパー「次どっち行くの!?ねぇ次どっち行くの!!!ねぇルフィ!!!!」

    ウソップ「まあどこ行くったって俺たちゃあお前についてくだけだがな!そうだろ皆!!」

    ロビン「そうね!!!私たちはあなたの仲間であり友達、そしてなんと言っても部下!!!!!」

    ルフィ「お、おう」




    この記事の続きを読む

    1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/08/10(金) 22:39:40.89 ID:hNOimdKV0

    田中「山根が6人もいるわけねぇじゃん」

    田中「えっ?ちょっ、ちょ、代わりに山根クローン2万人?」

    田中「代わりにの意味がわかんないよ~」

    田中「ホントに俺がやんの~?やだよもぉ」(しゃがむ)

    田中「いっつもだよぉー」(腕ブラブラ)




    5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/08/10(金) 22:40:32.17 ID:4R8IFrUc0

    続きはよ




    6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/08/10(金) 22:40:43.14 ID:xF4vH4T30

    これは期待




    この記事の続きを読む
    ★ 今日1番 みんなが見てる記事 ★

      プロフィール

      野菜

      管理人:野菜

      ・VIP
      ・ニュー速
      ・マ板etc...

      エロい体験談、エロ写メ、ひとり語り、オナネタ系…なんでもまとめるよwww

      副管理人募集しています!

      VIPPER速報のアイコンとかマスコットキャラ書いてくれる人いないかなぁ〜(チラッ

      WEBMASTERさんはこのサイトについてを読んでからメールしてくれると嬉しいッス

      Facebookいいねしてね(・∀・)イイネ!!
      最新記事一覧

      歴代はてなブックマーク人気記事

      新着はてなブックマーク記事

      月別
      逆アクセスランキング
      ブログパーツ

      QRコード

      QRコード

      おすすめ
      PAGETOP▲