png-large


1名無しさん@おーぷん ID: ID:6MH

そんなんなんでわいが行かなあかんねんアホかムリって
何度も断ったのにあまりにもしつこいかしぶしぶ付いてったら
友達の彼女わいの彼女だった




2名無しさん@おーぷん ID: ID:6MH

意味分からんと思うがどうか最後まで聞いてくれ




 

5名無しさん@おーぷん ID: ID:6MH

>>1で言った通りあんまりにもしつこいから付いていったのが事の発端
めっちゃいやいやながらトッモの家に一緒に行った
トッモと彼女は同棲してるらしくわいも会うの初めてどころか顔も知らんかった
トッモと一緒に帰宅
部屋の中には人の気配
あーめっちゃ緊張するぅって奥に行ったらわいの彼女がクッション抱えて女の子座りしとった




6名無しさん@おーぷん ID: ID:6MH

わい何事もないようにお邪魔します初めましてって挨拶
トッモの彼女はわい見るなり目を見開いて固まるもトッモが??って顔しとるの気付いてちっちゃな声で
はじゃまして
ってかみかみの挨拶返し
この時点でわい魂が口から抜けるんじゃないかと思うくらい放心状態
膝から崩れ落ちるようにフローリングの上に直座りする




9名無しさん@おーぷん ID: ID:6MH

トッモはわいのこと
俺の友達イッチ
2人きりだと冷静に話せそうにないから無理言って来てもらった
とか空気を読まず話し出す
わいは心の中で何がムリって今この状況がむり一番むりだからって唱え続けてた
肝心のカッノはラフな部屋着でホットパンツで隙間からパンツが見えてた
紺色かぁって他人事ように思った




10名無しさん@おーぷん ID: ID:7sk

キッッツ




11名無しさん@おーぷん ID: ID:6MH

そしてトッモの口から語られ出すこれまでのトッモとカッノのストーリー

要約すると別れたくないこんなに好きなんや
いっばいいい思い出あるやろ
これからも一緒に居て思い出つくろうみたいな話

正直に話す

わいは初めて他人に殺意覚えた




15名無しさん@おーぷん ID: ID:gVZ

性悪すぎやろ




16名無しさん@おーぷん ID: ID:6MH

こいつ…………ぶっ殺す

わいの中でカッノへの怒りはなくトッモに対する殺意しかなかった

でも堪えた
そして泣きそうだった

なんでこんなことになってんのー?




24名無しさん@おーぷん ID: ID:6MH

トッモの話は延々と続く

わいは黙って聞いてたけど
ちらちらわいのこと見てくるカッノが気になりつつも

あのさぁ、トッモさぁ、そのコ実はさぁ
わいとも付き合っとるんやでぇ?

って今言ったらトッモどんな顔するんかなーって急に悪戯心が芽生え出したのに気づく




25名無しさん@おーぷん ID: ID:6MH

っていうか気付いたって言うか心の中で考えたつもりが口から出てた

トッモは今までみたいですが中でなんか一番すごい顔してわいのこと見ながら

え?は?なに?いや………は?

って言ってた




27名無しさん@おーぷん ID: ID:d6E

イッチの彼女が二股かけてて、トッモの家で同棲してた。
その彼女は紺色のパンツ穿いてたいうことか。
ゆっくり吐き出しな




28名無しさん@おーぷん ID: ID:6MH

だからさぁ……

分かんない?

わいそのコと付き合ってるよ
ってゆーか彼氏がトッモだって知らなかったけどね………

なんてゆーかさぁ
こーいうのあれ、あれじゃん、そうそう

二股やなぁ

って言った途端トッモに顔面サッカーボールキックいただきました




31名無しさん@おーぷん ID: ID:CmT

なんでイッチが蹴られるねん
イッチは彼女が他にも誰かと付き合ってることは知ってたんか?




35名無しさん@おーぷん ID: ID:6MH

>>31
もろちん知らんよそんなこと

わいだって一途にカッノだけ好きだったんだわ




32名無しさん@おーぷん ID: ID:6MH

なんなんこれどういう仕打ち?

わいが悪いの?ねぇわいが悪いん?

結構容赦なかったよ
すごい音したもん

蹴られたとき蹴られたって分かんなかったし
すごい衝撃だったし

目がちかちかして息止まってたよ
人生初だわ頭部サッカーボールキックとか
彼女がトッモのカッノだったのも初だったしさ




38名無しさん@おーぷん ID: ID:CmT

そんなん絶対喧嘩なるやん
どう考えても悪いのは元カッノ
そんな元カッノの何がそんなに好きやったんや




41名無しさん@おーぷん ID: ID:6MH

そんでさぁ

トッモの様子なんだけど息ふーふー吐いて顔真っ赤で鼻水垂らして立ち上がってわいのこと睨んでるの

わいさぁ
なんかもうどうでもよくなって
もういいやお疲れさん死のう
ってなって
なんとか立ち上がって部屋から出て行こうとしたの

そしたらカッノがわいくん!
って駆け寄ってきてふらふらの体を支えてくれて

なんで暴力ふるうの!?わいくんは関係ないじゃない!

って言ってくれたけど
腕振り払って外に出た

そんで
あ、頭から血ぃ出てるやんってその時気づいた




42名無しさん@おーぷん ID: ID:6MH

ダメだ辛すぎてしんどい心が




43名無しさん@おーぷん ID: ID:d6E

しんどいやろうけど、病院には行ったほうがいい。
頭蹴られとるみたいやし、警察も行ったほうがええかもしれん。




44名無しさん@おーぷん ID: ID:6MH

体は大丈夫だけどなんかむり

これ1人で帰れっかなタクシー呼ぶかって思いつつトッモの部屋出て歩いてたら

追ってきたカッノが

別れるつもりだったのごめんなさいわいくんだけなの病院いこうこれからはずっと一緒にいるもうしないから許してごめんなさい

って泣きながらわいの腕掴んできた

そんでわい何か言おうと思って気付く

トッモも後から追ってきてる……




45名無しさん@おーぷん ID: ID:1bj

頭は後から出る場合もあるからな
検査は最低でもしとけ




47名無しさん@おーぷん ID: ID:6MH

>>45
心配してくれてありがとうやで
明日病院いくわ




48名無しさん@おーぷん ID: ID:1bj

>>47
お大事に・・・




50名無しさん@おーぷん ID: ID:6MH

わい
とっくにこの状況の原因はカッノにあると分かりつつも悲しいかな
体は勝手に反射で動いてカッノを守ろうと一歩踏み出しトッモとカッノの間にわいという肉壁を張る

その瞬間トッモの顔にさらなる殺意が宿る
こいつこんなやべぇやつだったんけと思うが時すでに遅し

てめぇ!ぶっ殺すぞおらぁ!とトッモの聞いたこともない怒声が




51名無しさん@おーぷん ID: ID:QvN

トッモも悪くないよな
事情はどうあれぶん殴るのが自然やわ




52名無しさん@おーぷん ID: ID:6MH

>>51
そうやな
女をとられた男ってヤバいわ完全に野生に戻ってた




53名無しさん@おーぷん ID: ID:n9h

猿かな




54名無しさん@おーぷん ID: ID:6MH

>>53
猿は猿でも怒り狂った身長183センチの猿やぞ




58名無しさん@おーぷん ID: ID:6MH

わいは

怒り狂った野性に
来んな!って怒鳴るもまるで効果なし
早足から大股歩きにシフトチェンジしてトッモが近付いてくる

カッノは怯えてたけど

やめて!

って突然わいの前に踊り出す

なんやなんなんやこの茶番

出血のせいか、だんだんわいは冷めていった




56名無しさん@おーぷん ID: ID:jSE

すまん読み飛ばした
結局どうなったんや?




59名無しさん@おーぷん ID: ID:6MH

>>56
結果だけ話そうか?




60名無しさん@おーぷん ID: ID:jSE

>>59
たすかる




61名無しさん@おーぷん ID: ID:6MH

>>60
帰宅後トッモから平謝りされ形だけとは言え和解

カッノはトッモのことなんてどうでもいい
私はわいくんが好きなのと言い張る

わい軽いビンタして
さいてーやなお前むりほんまむりやわサイテー
って言い放ち帰宅

それが8時間前のこと




66名無しさん@おーぷん ID: ID:jSE

いっちも友も人を見る目がなかったって話か




69名無しさん@おーぷん ID: ID:6MH

おんj民も気をつけてな

わいの経験上かわいい顔がいいコほど誘惑が多いから浮気しやすい




70名無しさん@おーぷん ID: ID:iFL

で、真面目に現実を味わった感想を教えて欲しいな
悔しいとか後悔したとかさ
恋愛で馬鹿を見たヤツで抜くのが趣味の変態なんだよワイは




72名無しさん@おーぷん ID: ID:6MH

>>70
なんか体ふらふわして興奮してるんか寝れん感じ

怒りと冷静と後悔とそれでも今まで一緒にいて楽しかったなぁー明日からってか今日から1人かーって感じ




79名無しさん@おーぷん ID: ID:QA6

ドンマイや
今日朝一で病院に行け
GWに入るし明後日くらいに気持ち悪くなってからじゃ遅い
ついでに診断書取っとこうぜ
ちゃんと病院に行くんやで




80名無しさん@おーぷん ID: ID:QaG

男も女も腐るほどおんねん
イッチにならもっとええ奴が現れるってワイは思うで




75名無しさん@おーぷん ID: ID:Pbu

悲しいなぁ……




引用元:男友達が彼女と別れそうだから一緒に来てって言われて付いていったら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加