png-large


1風吹けば名無し2018/07/13(金)10:55:21.46 ID: XDOTHhUl0.net

チ●コ「ひゃあ……!だ、駄目!尿道に爪立てないで!」

俺「おいおい口ではいやがってても濡れ濡れじゃないか」

チ●コ「そんなこと……や、駄目!漏らしちゃう〜〜!」

ジョボボボ……

俺「ククク……おもらししちゃうとはまるで赤ちゃんだな」

チ●コ「ひぅ……ごめんなさい……」




 

3風吹けば名無し2018/07/13(金)10:56:07.48 ID: XDOTHhUl0.net

---

俺「ふい〜!寒い寒い!寒いとトイレが近くなる!」ジー

俺「どわ!どうしたんだお前!」

ロリチ●コ「ふぇ……さむくてちっちゃくなっちゃったよぅ……」

俺「あ〜……そういやお前寒いとそうなるんだったな」

俺「どれ俺が暖めてやろう」シコシコ

ロリチ●コ「きゃっ!ひゃう!くすぐったいよ!アハハ!」




4風吹けば名無し2018/07/13(金)10:56:21.85 ID: XDOTHhUl0.net

チ●コ「あ……だんだんおっきくなってきた……かも」

俺「うぅ!もう限界!」

チ●コ「あ!ちょっと待ってください!今出したら!ひゃうん!」

俺「おお!」ドピュドピュ

ロリチ●コ「またちっちゃくなっちゃったよぅ!お兄ちゃんのばか!」

俺「す、すまん……」




5風吹けば名無し2018/07/13(金)10:56:37.56 ID: XDOTHhUl0.net

---

チ●コ「……」もじもじ

俺「?……どうしたんだ?もじもじして」

チ●コ「あう……その……恥ずかしながら……お手洗いに行きたくなってしまって……」

俺「ええ!今はまずいよ授業中だもん」

チ●コ「そんなこと言っても……俺さんがさっきあんなにオレンジジュース飲むから……」

俺「と、とにかくもうすぐ授業終わるからそれまで我慢してくれ!」




6風吹けば名無し2018/07/13(金)10:56:48.46 ID: XDOTHhUl0.net

キンコーンカーン

先生「あ〜じゃあ今日の授業は以上……」

俺「今だ!」ダダダ

チ●コ「ひゃっ!今そんなに揺らしたら」ブルブル

俺「くっ!あとちょっとでトイレに」

チ●コ「ひゃ……ひゃあ……」ジョボボボ

俺「え……?」




7風吹けば名無し2018/07/13(金)10:57:00.39 ID: XDOTHhUl0.net

チ●コ「ヒック……!ごめ……なさ……!あたし……!我慢できなくて……!」

俺「ああ〜……こりゃ派手にぶちまけたな〜〜掃除が大変だ」

チ●コ「いやあ…!嫌いにならないで!尿道ゆるゆるでごめんなさい!」

チ●コ「なんでもするから……私のこと……嫌いにならないでください……うう……」

さわ……

俺「ばーか、こんなことで嫌いになるかよ こんな可愛いち●こ誰が嫌いになれる?」サスサス

チ●コ「お、俺さん……!」パァァ




8風吹けば名無し2018/07/13(金)10:57:08.39 ID: MYF0POCLa.net

もういい、休め。




9風吹けば名無し2018/07/13(金)10:57:19.33 ID: XDOTHhUl0.net

---

俺「はあ!はあ!」シコシコ

チ●コ「……」

チ●コ(俺さんの手……温かい……)

チ●コ(気持ちいい……なんだかすごく安心する……)

チ●コ(でも……)

PC「アッイクイクイッチャウ〜!」

俺「うぉぉぉ!」

チ●コ(あなたが見てるのは……私じゃない……)

俺「いくうう!」

チ●コ「ひゃうっ!」ドピュドピュ

チ●コ「う〜……」べっとり

俺「はは悪い悪い。ベトベトになっちゃったな」フキフキ




10風吹けば名無し2018/07/13(金)10:57:33.37 ID: XDOTHhUl0.net

チ●コ(俺さんに体拭いてもらうの……気持ちいい……)

チ●コ「贅沢言っちゃダメだよね……」

チ●コ(私はただのチ●コなんだもの)

俺「ん?なんか言った?」
チ●コ「……っ!なんでもないですっ」ぷいっ

俺「ふーん……あれ?なんだかちょっと大きくなってない?」

チ●コ「そそそそんなわけないですよ!体ふかれただけで発情とか!猿じゃないんですから!」

俺「ふぅ〜ん?」

チ●コ(そう……私はチ●コ……あなたは人間……)

チ●コ(もとから……結ばれるはずなんてないの……)




11風吹けば名無し2018/07/13(金)10:57:49.79 ID: XDOTHhUl0.net

---

俺「はあ〜っ……またダメだった……」

チ●コ「俺さん……またフラれちゃいましたね……」

俺「何がダメなんだろうな〜顔かな?性格?もう分からないや」

チ●コ「そんなことないです!俺さんは優しいし、顔もそこそこですし!ダメなんかじゃないです!」

俺「それじゃなんでフラれるんだよ〜……」

チ●コ「そ、それは……」




12風吹けば名無し2018/07/13(金)10:58:01.03 ID: XDOTHhUl0.net

チ●コ「あれ……?」

チ●コ(確かにそうだ……俺さんは優しい。顔もそこそこ……なのにフラれるのは……)

チ●コ「ひょっとして、私のせい……?」

俺「え……?」

チ●コ「わ、わたしがちっちゃいから……」ジワ

チ●コ「わたしがいつも自分の皮にこもってばっかりだから」ポロポロ

チ●コ「俺さんにデカチンオーラがでなくてフラれちゃうんだ!うわーん!」ポロポロポロポロ

俺「ちょっ!チ●コちゃん!?」




13風吹けば名無し2018/07/13(金)10:58:14.81 ID: XDOTHhUl0.net

チ●コ「ごめんなさい!あたし……!ダメなち●こで……!」ポロポロ

チ●コ「今も……!尿道ゆるゆるで……!止めようと思っても涙が溢れて来て……!」ポロポロ

俺「ダメなんかじゃない!」ガバッ

チ●コ「ふわっ!?」

俺「ダメなんかじゃ……ない!」コシュコシュ

チ●コ「ふわっ!俺さん!こんな床の上で……!」ビクビク




14風吹けば名無し2018/07/13(金)10:58:30.41 ID: XDOTHhUl0.net

チ●コ「ひゃっ……やだ……皮むけちゃうっ!」ズルッ

俺「なんで隠すんだい?」コシュコシュ

チ●コ「ひぅっ!だって!あん!ピ、ピンクっぽくて、恥ずかしいからっ!」

俺「俺は好きだけどな チ●コの色」

チ●コ「あああっ!今そんなこと言われたらっ!切なすぎてっ!」

俺「おういけいっちまえ」

チ●コ「ひゃあ!お、男さんも一緒に!あああっ!」ドピュドピュ

俺「くぅっ!気持ちいい!」




15風吹けば名無し2018/07/13(金)10:58:43.89 ID: XDOTHhUl0.net

チ●コ「ひゃあ……床と擦れて……いっちゃいまひた……」ぴくぴく

俺「ふぅ……ほら見てごらん……?このスペルマの量……お前は立派な男性器だよ」

チ●コ「あ……」

チ●コ(そっかやっぱり……俺さんにとって私は、女の子じゃなくてただの性器なんだ……)

俺「……?どうした?」

チ●コ「い、いえ!なんでもない……です……」

俺「チ●コ……」




16風吹けば名無し2018/07/13(金)10:58:58.22 ID: XDOTHhUl0.net

---

俺「あっもしもし?先輩?えっマジですか!」

チ●コ(なんの話してるんだろう……?)

俺「はい!はい!ありがとうございますっ!」ピッ

俺「いやったあああああ…!」

チ●コ「いったいどうしたんですか?」

俺「それが聞いてくれよ!先輩が超可愛い女の子紹介してくれるって!」

チ●コ(え……)ズキッ




17風吹けば名無し2018/07/13(金)10:59:14.56 ID: XDOTHhUl0.net

チ●コ「そ……そうですか……」

俺「しかも話聞くとな!どうやら部活中の俺の姿見て一目惚れしたらしい!」

チ●コ「それは……よかったですね……」

俺「おいおいもっと喜べよ〜www俺の右手なんかじゃなく生マ●コに入れるんだぞwww」

チ●コ(私は……ただのチ●コ……俺さんとは結ばれない……)

チ●コ(そう納得した……はずなのに……!)ズキ

チ●コ(胸が痛いよ……!)

俺「チ●コ……?」

チ●コ「あっ……いえなんでもないです」

チ●コ「ふふふ私も生マ●コに入れそうでうれしいです♪」

チ●コ(本当は……俺さんの右手が一番いいんだけど……)




18風吹けば名無し2018/07/13(金)10:59:26.20 ID: XDOTHhUl0.net

俺「さーて!今日は記念にオ●ニーしまくるぞ〜〜〜!」シコシコ

チ●コ「俺さんの手……暖かい……」

チ●コ(だけど……心は冷たいよ……)

俺「いく〜〜〜!」ドピュ




19風吹けば名無し2018/07/13(金)10:59:37.59 ID: XDOTHhUl0.net

チ●コ(そのあと……俺さんは紹介された女性と会い、すぐ意気投合しました)

チ●コ(二人の相性はばっちりでまさに理想のカップルと言えました)

チ●コ(二人は何度かデートを繰り返し親密さを増していきました)

チ●コ(そして、ついにあの日……)

俺「うきうき♪」

チ●コ「どうしたんですか?やけにうれしそうですが」

俺「聞いてくれ!今日はなんと女さんと初エッチする日なんだ!」

チ●コ「え……」




20風吹けば名無し2018/07/13(金)10:59:49.02 ID: XDOTHhUl0.net

俺「あ〜楽しみだなぁ〜!エッチが成功するかはお前にかかってるからな!」

チ●コ「は……い……頑張ります……」

俺「やべ今から興奮してきた!落ち着くために一発抜いてくかwwww」

チ●コ(こうなることはわかってた……)

チ●コ(わかってた……はずなのに……)

俺「あ〜ひょっとしたらこれが最後のオ●ニーかもなあ」シコシコ

チ●コ「え……?」

俺「彼女がいればいちいちオ●ニーしなくても」

チ●コ(いやだ……)

俺「セッ●スしたりフ●ラしてもらったり」

チ●コ(俺さんの右手で……撫でてもらえなくなる)

俺「可愛い彼女に抜いてもらえばいいんだからなwwwwフフwwww」

チ●コ(あ……ああ……)




21風吹けば名無し2018/07/13(金)11:00:01.42 ID: XDOTHhUl0.net

チ●コ「(やだよ……そんなのいやぁ……!)

そしてセクロス本番

俺(おいどうしたっていうんだよ……?頼むよ立ってくれよ!)

チ●コ(今からあたし……他の女のマ●コに入れられちゃうんだ……)

女「どうしたの?俺くん、いれないの?」

俺「い、いや……ハハ……」

俺(おい!どうしたんだよ!)

チ●コ(やだ……やだよ……)

チ●コ(俺さん……とられるのやだあ……!)

俺(おい……!)




22風吹けば名無し2018/07/13(金)11:00:12.80 ID: XDOTHhUl0.net

俺「なんで本番で立ってくれなかったんだ?おかげで完全に不能と思われたじゃないか!」

チ●コ「……」

俺「おいなんとか言えよ!」バン

チ●コ(もう……これ以上耐えられないよ……!)

チ●コ「私……俺さんのことが好きです!」

俺「……………え?今なんて……」

チ●コ「本体だからとかじゃなくて……一人の女の子として俺さんのこと好きです!」ポロ…

チ●コ「俺さんの温かい手に包まれるのが好きなんです!」ポロポロポロポロ




23風吹けば名無し2018/07/13(金)11:00:26.80 ID: XDOTHhUl0.net

チ●コ「俺さんが他の女の人を見てると心が痛みます!」ポロポロポロポロポロポロ

チ●コ「私以外の女の人とのセッ●スの道具になるなんて嫌です!」ポロポロポロポロ

俺「チ●コ……」

チ●コ「私のこと……女として見て欲しい……」

俺「……でも……それは……」

チ●コ「ふふふ……無理ですよね……」

チ●コ「私はただのチ●コですから……」

チ●コ「……ごめんなさい……わがまま言って……」

俺「チ●コ……お前……」

チ●コ「もう……私に話かけないでください……」

チ●コ「あなたと手をつなぐこともセッ●スすることも……キスすることすらできないこんなチ●コじゃ悲しくなるだけですから……」




25風吹けば名無し2018/07/13(金)11:00:41.67 ID: XDOTHhUl0.net

俺(あの日からチ●コは自分の皮にこもり、めったに話さなくなった……)

俺(前までは「いて当然」という感覚だったものがいなくなると……)

俺(まるで心にぽっかり穴が開いたようで)

俺「いや……もうはっきりと言おう」

俺「俺はチ●コのことが好きだったんだ。女の子として」

俺「チ●コとは結ばれない……そう思って逃げてるのは俺のほうだったんだ」

俺「『自分のチ●コと恋するなんておかしい』 そんな、くだらな常識に惑わされて……」

俺「そうだ……!チ●コにちゃんと俺の気持ちを伝えよう……」

俺「でもどうやって?チ●コはもうオ●ニーしても反応してくれない……」




26風吹けば名無し2018/07/13(金)11:01:10.13 ID: XDOTHhUl0.net

『あなたと手をつなぐこともセッ●スすることも……キスすることすらできないこんなチ●コじゃ悲しくなるだけですから……』

俺「……そうだ!」

俺「ふんっ!ふんっ!」グイグイ

チ●コ(……?何をしているんだろう?柔軟体操?)

チ●コ(いや……もう私には関係ないか……)

俺「待ってろよ……チ●コ!ふんっ!」グイ




27風吹けば名無し2018/07/13(金)11:01:12.93 ID: 4hMbd4BRd.net

ご両親もこんな立派なレスが出来るようになったイッチを見てさぞかし感涙なさるでしょう




28風吹けば名無し2018/07/13(金)11:01:13.31 ID: y8GrdVhxM.net

チ●コに目がついてる定期




29風吹けば名無し2018/07/13(金)11:01:18.77 ID: C+Xcikpz0.net

純愛やんけ




30風吹けば名無し2018/07/13(金)11:01:22.90 ID: XDOTHhUl0.net

チ●コ「あれから1ヶ月……俺さんは毎日体操を続けてる……いったいなんのために……?」

チ●コ「いえ……やめよう……悲しくなるだけ……」

俺「チ●コ」

チ●コ「!」ピクン

チ●コ(なんでいまさら……話しかけるんですか……!)

俺「チ●コ聞いてくれ……俺はお前がいなくなって気付いた……」

俺「やっぱり俺にはお前がいないとダメだ……」

俺「……愛してる。チ●コ」




31風吹けば名無し2018/07/13(金)11:01:35.30 ID: XDOTHhUl0.net

チ●コ「………………」

チ●コ「……嘘。そんなの……口ではなんとでも言えます……」

チ●コ「普通の人は……チ●コを女として見るなんてできません……」

俺「……俺の言葉が信じられないか?」

チ●コ「…………」

俺「そうか……」

俺「なら……これでどうだ」グググー

チ●コ「ふぇっ?」






ちゅっ




33風吹けば名無し2018/07/13(金)11:01:51.19 ID: XDOTHhUl0.net

チ●コ「ふぇ……?」

チ●コ「ふぇぇぇ!?」

俺「ふぅ……やっと届いた」

チ●コ「ななななないいい今のって!」

俺「ん?キスだぜ?ここまで体柔らかくするの大変だったんだぞ?」

チ●コ「なななななな!」ぼっ!

俺「お!でっかくなった。チ●コは正直だなぁ〜」

チ●コ「な、なんでこんなことを!?私はチ●コなのに!」

俺「決まってるだろ?」ちゅっ




34風吹けば名無し2018/07/13(金)11:02:04.53 ID: XDOTHhUl0.net

チ●コ「ふゃっ……」

俺「お前のことが好きだからさ」ちゅちゅ

チ●コ「んぁ……」

俺「手をつなげなくても……セッ●スできなくても」

俺「俺はチ●コを握ることができるしオ●ニーすることができる」ちゅちゅ

チ●コ「だ、だめ……」

俺「俺にはそれで十分だ……違うか?」ちゅううう

俺「好きだ。愛してる。チ●コ」

チ●コ「今そんなこと言われたら!あああっ!」


ドピュドピュドピュ〜〜ッ!




35風吹けば名無し2018/07/13(金)11:02:17.76 ID: XDOTHhUl0.net

チ●コ「ご、ごめんなさい……顔にかけちゃって……」

俺「いや、いいんだ……チ●コがそれだけ感じてくれたってことだから」

チ●コ「信じて……いいんですね?私を愛してくれるって」

俺「ああ……」ぎゅう

チ●コ「それじゃあ……オ●ニーのとき、人間の女の人のエッチな画像や動画を見るのやめられますか?」

俺「…………」

俺「…………えっ」

俺「やめなきゃ……駄目?」

チ●コ「当然ですっ」

チ●コ「だって私が、あなたの恋人なんですから♪」


終わり




36風吹けば名無し2018/07/13(金)11:02:41.12 ID: MdovKLtZ0.net

ええ話や...




42風吹けば名無し2018/07/13(金)11:04:35.98 ID: MOPMHBdy0.net





44風吹けば名無し2018/07/13(金)11:06:27.39 ID: x/7F4w/y6.net

親前朗読定期




45風吹けば名無し2018/07/13(金)11:06:52.16 ID: OGpW5S9m0.net

あガガイのガイ




38風吹けば名無し2018/07/13(金)11:02:56.06 ID: tgrP9wCwa.net

なにこれ




引用元:俺「ふふふ……今どこを触られてるのか言ってごらん?」 チ●コ「う……裏筋……です……ひゃう……」 [なかよし学級]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加