アメリカンフットボールの定期戦での悪質な反則行為で関学大の選手を負傷させた日大の選手が22日、都内の日本記者クラブで会見を行った。
会見に出席したのは日大の宮川泰介選手(20)。丸刈り頭で報道陣の前に登場。
大学の日本代表選手にも選出されながら、反則行為に至った経緯を説明した。

(中略)

試合前練習時にコーチから監督に「言ってこい」と指示され、内田前監督に「相手のQBを潰すんで出さして下さい」と申し出る。
内田前監督から「やらなきゃ意味ないよ」と声をかけられる。井上コーチに監督とのやりとりを伝え、「思いっきりやってこい」といわれる。
試合前の整列で井上コーチから「できませんじゃすまされないよ」と念を押される。反則行為直後は何も考えられない状況となり、相手選手が代わったことに気づける余裕もなかった。


(全文は以下リンクより)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00216638-nksports-spo






ネットユーザーの反応













  • このエントリーをはてなブックマークに追加