1名無しさん@おーぷん2016/03/11(金)01:21:40 ID:oij

グロいので耐性ないニキは見ん方がええで


1(中) 絞首刑で紐の長さを間違えると、死刑囚の首がもげる事がある
2(遊) アメリカでかつて行われていたガス室処刑は現在行われていないが、その理由の一つはコストが掛かり過ぎるから
3(三) ギロチンの名前の元になったギヨタン氏は発明者ではなく、失敗のない処刑法の提案をしただけ。ギロチンにかけられることもなく寿命を全うした。
4(指) 電気椅子の生みの親はエジソン。電流戦争でニコラ・テスラの交流に対するネガティヴキャンペーン。
5(一) イギリスでは、絞首刑の時に床板が開かず死刑が中断になり終身刑に減刑された男がいた。
6(捕) 凌遅刑はググらない方がいい。特に画像検索。
7(右) ギロチンの刃を斜めにするよう提案したのはルイ16世。それにより切れ味が増した。なおそのルイ16世の首も(ry
8(左) 大砲の筒の先に括り付ける処刑法があった。大砲発射即バラバラ。
9(二) 「ファラリスの雄牛」は発明者がこれで処刑された。それを命じた国王も後にこれで処刑された。

投手陣
19世紀以前の公開処刑はあらゆる階級の娯楽で、有料の特等席なども設けられた。将棋倒しで死人が多数出ることも珍しくなかった。
19世紀イギリスでは、処刑死体を用い「ガルバーニ電流」の公開実験をした結果、死体がピクピク動いたせいで観衆がショック死した。
日本では、死刑執行後に蘇生してしまった死刑囚がいた。再度の死刑はせず戸籍回復。




2名無しさん@おーぷん2016/03/11(金)01:22:36 ID:rME

ダンサーインザダーク定期






4名無しさん@おーぷん2016/03/11(金)01:25:51 ID:JWB

ルイ16世の首は綺麗に落ちた説と失敗して力技で押しきった説とがあるらしい




3名無しさん@おーぷん2016/03/11(金)01:24:48 ID:Bz9

ワイ池沼、やるなと言われたのに凌遅刑をググり無事死亡




5■忍法帖【Lv=4,フロストギズモ,8k5】2016/03/11(金)01:26:00 ID:DRp







6名無しさん@おーぷん2016/03/11(金)01:27:50 ID:yUt

エジソンのニコラ・テスラへの執拗な嫌がらせの数々ほんとすこ




12名無しさん@おーぷん2016/03/11(金)01:30:19 ID:T5U

丘から転がす奴が痛そうやった




14名無しさん@おーぷん2016/03/11(金)01:32:17 ID:oij

100年ちょっと前まで凌遅刑やっとったいう事実怖いンゴ




26名無しさん@おーぷん2016/03/11(金)01:37:12 ID:idQ

>>14
ギロチンは1970年まで現役やなかったっけ




37名無しさん@おーぷん2016/03/11(金)01:43:02 ID:oij

>>26
1977年が最後やったかな

斬首刑はヘッタクソがやるとえらいことになるんで
ギロチンはまさに人道的装置やな(粉みかん




43名無しさん@おーぷん2016/03/11(金)01:46:30 ID:aNF

>>37
刀も品質悪いから何回も傷口目掛けて叩きつけんと斬首できんとか聞いたンゴねぇ




48名無しさん@おーぷん2016/03/11(金)01:51:11 ID:UxN

>>43
日本刀は刀身が薄いから骨と骨の間に入りやすくて成功率高かったらしいで




53名無しさん@おーぷん2016/03/11(金)02:35:03 ID:rcM

>>48
日本刀は介錯で切れ味をためしてたからな




15名無しさん@おーぷん2016/03/11(金)01:34:20 ID:eu7

死刑囚って執行当日は憔悴しきって一人で歩けないって聞いたけどほんまなんかな




20名無しさん@おーぷん2016/03/11(金)01:35:16 ID:H3R

>>15
人それぞれやろそんなん




18名無しさん@おーぷん2016/03/11(金)01:34:40 ID:JWB

シャルルサンソンといいライヒハートといい執行数上位二人はちゃんと敬意を以て死刑執行してたってのを聞いてホンマすごい人らやと思いました(小並感)




24名無しさん@おーぷん2016/03/11(金)01:36:33 ID:uMn

最近アメリカで死刑執行して生き返った奴おったよな




29名無しさん@おーぷん2016/03/11(金)01:38:49 ID:dXa

中継ぎでギロチンによる死刑を最も多く行ったのはフランスではなくナチスドイツを追加で




30名無しさん@おーぷん2016/03/11(金)01:39:25 ID:iyp

処刑のインパクトで言えば牛裂きのが強かったンゴ




31名無しさん@おーぷん2016/03/11(金)01:39:40 ID:aNF

ギロチン前の食事で飯を食いまくってたのってルイ16世だっけ




32名無しさん@おーぷん2016/03/11(金)01:40:24 ID:tXC

ギロチンと言えば日本人ジョークでも鉄板よな




36名無しさん@おーぷん2016/03/11(金)01:42:27 ID:H3R

>>32
なにそれ?




44名無しさん@おーぷん2016/03/11(金)01:46:52 ID:tXC

>>36
転載ですまんが

ある時、死刑の執行がおこなわれることになった。
ユダヤ人、アメリカ人、日本人がギロチンの前に連れてこられた。

ユダヤ人が跪くと死刑執行人が
「仰向けがいいかね?うつぶせがいいかね?」

すると、「仰向けにしてください。神を見上げることができるから。」
とユダヤ人は答えた。

そして執行人がギロチンのレバーを引いた。が、ギロチンの刃は落ちなかった。
「おお神よ、これも神のお力である。」とユダヤ人は言った。

続いてアメリカ人の番だ。
同じように「仰向けがいいかね?うつぶせがいいかね?」と聞いた。

「先例をやぶることはできない。仰向けにしてくれ。」と答えた。
するとまたもやギロチンの刃が止まった。

最後に日本人の番だ。
「仰向けがいいかね?うつぶせがいいかね?」

「仰向けにしてくれ。機械を見たいから。」と日本人が答えた。
そして執行人がレバーを引こうとした瞬間、日本人が叫んだ!

「ちょっと待て!どこに問題があるかわかったぞ!」
日本人がそう言うと、あっという間に修理をしたのだ。

こうして無事に刑は執行されたのだった。




49名無しさん@おーぷん2016/03/11(金)01:51:50 ID:I09

>>44
他国から見ると日本人ってみんな大松みたいなもんなんやね




34名無しさん@おーぷん2016/03/11(金)01:40:50 ID:uMn

拷問器具だけど鉄の処女興味深い





39名無しさん@おーぷん2016/03/11(金)01:45:07 ID:jy5

ギロチンは痛みがほぼないらしいからね
処刑されるならギロチンがええわ




40名無しさん@おーぷん2016/03/11(金)01:45:19 ID:UxN

磔の絵を旗指物にした武将がいる




41名無しさん@おーぷん2016/03/11(金)01:45:25 ID:iXu

切腹も大概やろ




42名無しさん@おーぷん2016/03/11(金)01:46:20 ID:eu7

あんだけ栄華を誇って豪遊しとった貴族連中の最後がギロチンズダーンやもんな
民衆ってほんまこわいわ




45名無しさん@おーぷん2016/03/11(金)01:47:13 ID:8pv

首の皮一枚は斬首刑で達人が皮一枚残して首を切る技で、
普通に死んでるから首の皮一枚で助かるって言い方は誤用らしいンゴねぇ




47名無しさん@おーぷん2016/03/11(金)01:49:18 ID:ZmB

女の子の太ももで首4の字されて死にたいンゴ




50名無しさん@おーぷん2016/03/11(金)01:51:53 ID:oij

フランスではギロチンで処刑される死刑囚は、襟なしのワイシャツを着せられて首切られたんやて
何で襟ありのワイシャツやないかいうたら
襟の硬い部分が邪魔すると上手く首を切り落とせん可能性があるからやそうやで

なおワイシャツにこだわる理由までは知らん




51名無しさん@おーぷん2016/03/11(金)01:53:15 ID:0yB

【「快楽処刑」壮絶内容】
・処刑小屋
 まず、小屋の中の柱に男女を全裸で縛り付けます。その小屋は、出入り口が1つしかなく、そして、藁にバナナなどの葉が交ぜられた壁が何重にも重ねられ、あまり通気性がよくない小屋だったそうです。また、その小屋は山の上にあり、崖に面しています。ちょうど多くの人が住んでいる村から見えるような場所です。
・焚き火
 そして、その小屋の入り口と小屋の中で、焚き火をします。その焚き火の中には、ヘロインをとった後のケシの実や麻の実が大量に入れられています。要するに麻薬を燃やした煙を小屋の中で充満させるのです。その焚き火は三日三晩連続で行われます。数名はこの時点で中毒死してしまいます。そして、生き残った人も、幻覚で完全におかしくなってしまいます。 ・ヘロイン小屋の中で
 村から見れば、三日三晩その小屋の屋根から白い悪魔の煙が立ち上ります。
初めのうちは「やめてくれ」「ここから出せ」というような悲鳴が聞こえるそうです。しかし、いつの間にか、「えへへへへへ」というような不気味な笑い声が聞こえ、またわけのわからない「うおー」というような咆哮が聞こえるようになります。それでも焚き火はやめません。生かしておかなければならないので、たまに、村人などがその小屋に水を与えに行きます。始めのうちは哀願している男女も、いつの間にかだらしなく口からよだれを出し、水を飲んでも反応が少なくなる。そして、だんだんと「動物」のようになってくるというのである。そして、何も食べず、体力もなくなってしまうというのです。男性の中には、股間が射精で汚れている者もいるらしいです。
・三日三晩過ぎた後、生殺し処刑
 そして、三日三晩が過ぎると、処刑人は、数本のナイフを持ち、そして女性の縄だけをほどきます。あとはカメラで監視します。女性はまず、近くにある水を飲み、そして男性を殺して、または生きたまま食べ始めます。また、好みの男性の股間にまたがって、そのまま死ぬまでセッ●スを楽しむというのです。男性は縛られているので抵抗もできません。ただ女性たちにされるがまま、声を上げているだけですが、食べられている男性も、始めのうちは生きているので、声を上げながら抵抗しています。また、セッ●スをしている男性は体力の限界までセッ●スをし続けるので、完全に体中がなえてしまって枯れるようになって死んでしまいます。
・処刑の最期
 そして、男女両方の縄をほどき、生き残った全員を小屋から出すと、フラフラと崖から飛び降りてしまうのです。飛び降りず、村の方に下りてきた男女は、再度捕まり牢屋に入れられ、処刑人数が集まってから、もう一度同じことが行われるそうです。小屋の中には、セッ●スのしすぎで枯れたように死んだ男女の死体と、食べられてしまい、骨の見えた血まみれの死体が残っているという状態です。そして、崖の下には、何人かの全裸の男女の死体があるのです。

http://a.excite.co.jp/News/odd/20131226/Tocana_201312_post_124.html


こマ?




52名無しさん@おーぷん2016/03/11(金)02:29:53 ID:oij

死刑やなくて私刑やからようわからんな
マフィアやらでもメッチャクチャなのあるいうけど、メキシコの麻薬カルテルとか
でもそれは私刑やでなあ




38名無しさん@おーぷん2016/03/11(金)01:43:35 ID:8gr

こわE.




引用元:死刑のトリビアで打線
  • このエントリーをはてなブックマークに追加