<プレミア12速報>日本、韓国に逆転負けで決勝逃す!

世界野球「プレミア12」の準決勝、日本対韓国が19日、東京ドームで行われ、日本は3-4で韓国に逆転負けし、決勝進出を逃した。
先発の日ハム、大谷翔平(21)は最速160キロをマークしたストレートを軸に7回を1安打11奪三振、無失点に抑える圧巻のピッチング。
一方、打線も4回に中日の平田良介(27)の先制タイムリーなどで3点を奪って援護したが、8回から引き継いだ楽天の則本昂大(24)の9回続投が誤算となり、3連打を浴びるなど1点を失い、松井裕樹(20)、日ハム、増井浩俊(28)と継投したが、最後は、元ソフトバンクのイ・デホに逆転タイムリーを打たれた。
土壇場でゲームをひっくり返された日本は、その裏、反撃できず、悔しい準決勝敗退となった。
韓国は、明日、20日に行われるメキシコ対アメリカの勝者と21日に決勝戦(東京ドーム)を戦う。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151119-00000004-wordleafs-base






ネットユーザーの反応










  • このエントリーをはてなブックマークに追加