png-large


1名無しさん@おーぷん2014/12/03(水)14:23:25 ID:lmg

おれの頭をチラ見して すみませんすぐにお取り替えします
って




2名無しさん@おーぷん2014/12/03(水)14:24:10 ID:pxk

ないものは入らないからな




3名無しさん@おーぷん2014/12/03(水)14:24:41 ID:n0b

禿はしゃーないよ




4名無しさん@おーぷん2014/12/03(水)14:24:47 ID:zMP

あっ…(察し)




5名無しさん@おーぷん2014/12/03(水)14:25:12 ID:1W1

(´・ω・`)え?

(´・ω`・)

(´・ω・`)お取替えします……




7名無しさん@おーぷん2014/12/03(水)14:26:16 ID:lmg

>>5そんなかんじ あの女め




8名無しさん@おーぷん2014/12/03(水)14:26:25 ID:rON

>>5wwwwwww二番目の目w




6名無しさん@おーぷん2014/12/03(水)14:25:53 ID:l1F

ハゲはこういう時便利なんだな




9名無しさん@おーぷん2014/12/03(水)14:28:06 ID:5JS

ハゲ得はじまったな




10名無しさん@おーぷん2014/12/03(水)14:28:51 ID:7zi

ハゲ割!




11名無しさん@おーぷん2014/12/03(水)14:29:05 ID:jGI





13名無しさん@おーぷん2014/12/03(水)14:29:50 ID:jGI





15名無しさん@おーぷん2014/12/03(水)14:30:52 ID:lmg

>>13なにこれ つら




20名無しさん@おーぷん2014/12/03(水)14:39:16 ID:4rt

ところが初代の店主、渡辺徳之治は完全なハゲ頭だったので、お客様からは「ハゲの天ぷら屋、ハゲ天」としか呼ばれず、翌年銀座に進出する時に思いきってこの「ハゲ天」を屋号にしました。





14左代宮戦人◆klR4IsAT4rnp2014/12/03(水)14:30:35 ID:iih

よりによって女の髪か




17名無しさん@おーぷん2014/12/03(水)14:31:58 ID:lmg

>>14はい まあ かぼちゃ天2つ食べれたから……




16名無しさん@おーぷん2014/12/03(水)14:31:39 ID:i4z

晋の平公が賓客を招いて宴席を設けたが、少庶子の勧めた炙り肉に髪の毛が絡み付いていた。
怒った平公は、直ちに炮人(ほうじん。肉を炙る者)を呼び出して、死罪を言い渡した。
すると炮人は天を仰いで叫んだ。
「公よ。臣には三つの罪で死に値いしますが、その理由が自分にも分かりません」
平公が炮人に、
「それは、如何なる意味か」
と聞くと、炮人は、
「臣に罪があるとすれば、それは三つございます。臣の研いだ包丁の切れ味は、干将(かんしょう)に勝るとも劣りません。
風を切り骨を断ちます。それなのに、必ず切れるはずの髪の毛が切れませんでした。それが一つの罪です。
次に、炉の炭は真っ赤に燃え上がっていましたのに、髪の毛は焼けませんでした。これが二つです。
さらに臣の目は節穴ではなく、炙り上げた肉の焼け具合を丹念に調べ、肉の筋目までよく見えたのに、何故か髪の毛が見えませんでした。
これが三つ目の罪でございます。しかしながら、堂下に臣を怨む者がいないとは限りません。
ここで急いで、臣を死罪にすることも無かろうかと存じます。
どうか、死罪となる訳を教えて下さってから殺しても、遅くはございますまい」
と対えた。
平公は、「善し」として、堂下を調べさせたところ、果たして、炮人を怨む者がいて、その者の仕業であることが判明した。




18名無しさん@おーぷん2014/12/03(水)14:34:11 ID:pzq

オマケでワカメくれたら許した




19名無しさん@おーぷん2014/12/03(水)14:36:14 ID:vUA





21名無しさん@おーぷん2014/12/03(水)14:52:33 ID:By5

ないものははいらぬ




引用元:天丼頼んだら髪の毛入ってたから クレームいった結果wwwwww


オススメまとめ記事!