png-large


1名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/11/20(木) 01:48:34.68 ID:5yzWHTTi0.net

まああまり落ちも無いが聞いて欲しい




2名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/11/20(木) 01:50:17.61 ID:5yzWHTTi0.net

当時俺が中学生だった頃、初めてゲームのクランに参加した

そのクランは当時大人気だった戦争ゲームのクランで、活動人数は13~14人

毎夜skypeを使って会議を開きながらゲームを満喫していた

クランの人たちは本当にゲームマナーが良くて、暴言とかファンメとかは一切やらなかった

クランの人達はほとんどが高校生や大学生ばかりだったので中学生の自分は
可愛がってもらっていた。




3名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/11/20(木) 01:51:49.03 ID:5yzWHTTi0.net

それから数年が経ち、俺は高校生になった。その頃俺は既に皆と完璧に打ち解けていた

いつものようにskypeをしながらそのゲームをしていると誰かがニコ生の友達をクランに
入れたいと言い出した

そしてそれを隊長は了承しクランに新人が入る事になった

そしてその人が姫だった。




4名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/11/20(木) 01:52:48.28 ID:5yzWHTTi0.net

姫「初めまして、こんばんわー」

姫の声からは大人の女性の印象を受けた

クランの隊長「あ、どうも...!新人が来るとは聞いてましたけれど女性プレイヤーだったとはw」

姫「まあ、ゲームって基本女性プレイヤー少ないですからねーww」




5名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/11/20(木) 01:54:14.76 ID:5yzWHTTi0.net

クランにも少なからず女性は居た

しかし活動してる人はほとんどおらず、名前だけ残っているといった感じ

実際は男ばかりのクランだった、そして姫は活動的だったのですぐに男性陣からちやほやされた

ちなみにクランの男は童貞ばかりだった。




8名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/11/20(木) 01:57:17.06 ID:F8na2Wwi0.net

潮を吹かせた話期待age




9名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/11/20(木) 01:57:42.71 ID:5yzWHTTi0.net

良かった

ちなみにエロは無いよw




10名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/11/20(木) 01:59:16.05 ID:5yzWHTTi0.net

一月も経たないうちに姫は溶け込み、姫の会話も次第に積極的に思わせぶりになった

姫「みんなってどこ住みなの??」

クランの隊長「ほとんどが関東だよ..!」

姫「え、わたしもだよ!!ちなみに隊長さんは何県ー??」

クランの隊長「え、マジでwww○○県。姫はー?」

姫「あー、残念でした。私は○○県だよーwwでも皆近いから会ったりできるねww」

クランの人達「「・・・っ!!」」

それから数ヶ月経ちオフ会をすることになったが、俺は皆に会いたかったがその時バイトをしておらず
お金が無く、また関東圏に住んでいたわけでもなかったので行かなかった

そして姫も用があるとかで来なかった。




11名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/11/20(木) 02:01:35.58 ID:5yzWHTTi0.net

また姫は月日が経つにつれ徐々にSキャラとして姫としての立ち居地を築いていった。

ある日皆でゲームをしていた時

姫「A君今回デスしすぎじゃない?」

クランの人A「ごめん。。。」

姫「まぁいいや...次やったらころすよ?」ニコッ

そして負けると必ずランク最下位の人を見下したりする

姫「レシオ低い奴はこのゲームすんじゃねえよ」

俺「ゲームなんだし楽しみましょうよ...w」

姫「私はガチでやってんの」

俺「えっ、あ。。はい」

またある日チームメンバーだけで戦ってる時に自分が最下位だと

姫「・・あーあ今日回線悪ぃー」

クランの隊長「回線悪いとねー、どうもねー...w」




12名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/11/20(木) 02:03:53.58 ID:5yzWHTTi0.net

こんな感じで俺は姫のせいでクランの雰囲気が変わった気がして姫を嫌いになった

そしてクランの人たちも姫に媚びている姿勢は変わらなかった。それを見て俺はクランも嫌いになった

次第に俺はスカイプの会議通話にも顔を出さなくなった。また俺はソロでゲームをするようになった

それから数ヶ月、俺の好きだったそのゲームのオンラインサービスは停止してしまった

それからというもの毎日のスカイプ会議は無くなり、クランの人たちはそれぞれ他のオンラインゲームに移っていたようだった
勿論自分も他のオンラインゲームに移っていた

また数ヶ月経った頃、気付いたら隊長の「今までお疲れ様でした!」の一言でクランは解散していた




13名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/11/20(木) 02:05:56.66 ID:5yzWHTTi0.net

いい加減ソロでゲームするのにも飽き始めていた頃

そのとき俺はバイトを始めていたんだがバイトの中の二人程が戦争ゲームが好きで、更に
その時に自分がやっていたのと同じゲームをしてるという事で早速皆でやらないかと誘った

勿論返事はオーケーだった。




14名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/11/20(木) 02:06:00.85 ID:f6MZzR5E0.net

畜生女やな




18名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/11/20(木) 02:10:43.77 ID:5yzWHTTi0.net

>>14
マジで畜生だったよ。本当はもっとあるんだけど長くなるので、はしょる




15名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/11/20(木) 02:07:58.09 ID:5yzWHTTi0.net

話わかりづらくなるから二人の説明をする

一人目は俺と同い年で凄く仲が良かった

後々書きやすいようにここでは"中野"とする

もうひとりは先輩だったんだが女好きで多分姫の事が好き
以下名称"大野" ちなみに童貞




17名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/11/20(木) 02:09:39.47 ID:CFxMgN740.net

大野は姫と知り合いだったってこと?




21名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/11/20(木) 02:17:12.49 ID:5yzWHTTi0.net

>>17
いや、違う!
俺が紹介して大野と姫が出会った




19名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/11/20(木) 02:13:47.24 ID:5yzWHTTi0.net

いつものようにバイト仲間でゲームをしていた時の事

大野「この"姫"ってIDの人よく見るけど誰かの友達だったりする?」

俺「えっと俺の友達というか...一応前参加してたクランの人です...」

大野「前フレ申請着たわw」

俺「マジっすか...w」

大野「スカイプに誘えばいいんじゃないか?」

俺「あー..はい」

それから俺はしぶしぶ姫を誘うことになった。姫は勿論会議に来た




22名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/11/20(木) 02:21:04.81 ID:5yzWHTTi0.net

姫「俺君久しぶりー!皆さんこんばんわ」

中野・大野「「えっ女性の方だったんですか」」

俺「そうっすよ」

それからは姫もグループに参加することになった

姫はあっという間にみんなと溶け込んだ。というより大野と




23名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/11/20(木) 02:24:01.40 ID:BulEWTxh0.net

オフ会に来ないって顔面やばそう




24名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/11/20(木) 02:27:42.16 ID:5yzWHTTi0.net

その頃、俺と中野は大学一年生で忙しく中々ゲームに参加できないでいた

しかし大野は就活が終わっていたらしく、姫はなぜか常時オンラインだったため
2人で同じサーバーに入ってるのをフレンドリストからよくみかけた

久しぶりに俺と中野が会議に参加する頃には、姫が前のクランの時と同様女王化していた

姫「やったあフラッグ一人で取れちゃった♪」

大野「さっすがっすねぇ!!!!」

姫「あんたも頑張りなさいよ」

大野「ええ、姫さんのためにがんばりますとも!!///」

俺・中野「...。」

俺と中野はどん引きしていた。




25名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/11/20(木) 02:34:19.97 ID:5yzWHTTi0.net

それから俺と中野がゲームをするときは二人だけでやることにした

だが毎回俺と中野のサーバーに姫と大野は参加してきた

更に姫達からメールが着て「皆でスカイプしながらやろう」と
言われたりもしたがすべて無視していた。

だがある日中野と俺がスカイプをしてる時の事

中野「一回あいつらの会議混ざってみね?」

俺「え、マジで?w」

中野「おう、んで2対2のチームデスマッチして姫達に一泡吹かせようぜw」

俺「おけwww面白そうwww」

それから俺らはいつものようにゲームを始め、あいつらが誘ってくるのを待った

案の定、すぐにサーバーに入ってきてお誘いメールはすぐに着た




27名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/11/20(木) 02:39:49.45 ID:5yzWHTTi0.net

メールで入る旨を伝えて俺らは会議に招待してもらった

俺・中野「こんばんわー」

姫「こんばんわ久しぶりだねっ」

大野「懐かしい面子だなwww」

そして俺らは早速ゲームを開始した。

しかし途中からチームが劣勢になり始めると同時に姫の機嫌は悪くなっていった。




28名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/11/20(木) 02:47:36.27 ID:5yzWHTTi0.net

姫「マジで最下位の奴ら意味分からんw」

大野「姫さんの足を引っ張るとは...!!」

姫「どうりでスコアのびねーわ」

姫のスコアも最下位の奴らと大差無いように見えた

そこで俺と大野は色々言ってやりたい衝動に駆られたが我慢した

そして早速「2対2でやらないか」と中野が提案した

大野と姫はノリノリで承諾した




29名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/11/20(木) 02:50:23.37 ID:5yzWHTTi0.net

そしてもちろん姫・大野チームと俺・中野チームで闘うことになった

ルールは決めていたチームデスマッチでステージは姫・大野に決めてもらうことにした

試合が始まって前半戦は、俺のスコアはあまりよくなかった。中野の足を引っ張っていたと思う
言い訳じゃないが苦手なステージだったんだ




30名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/11/20(木) 02:51:01.68 ID:5yzWHTTi0.net

姫「俺君スコアひどすぎんだけどww」

俺はいらっとしたがこらえた

俺「まぁ苦手なステージなんっすよ...w」

姫「何年このゲームやってんだよwwww」

大野「大丈夫かーw負けるぞーw」

俺「・・・っ」

むかついたが、言い返しても無駄だと思い俺は今までに無いくらい集中した

後半戦が始まり徐々に俺とチームのスコアも上がっていく、同時に姫の機嫌が悪くなる

姫が大野に向かって罵声をかけるが俺らは気にしないで続けた

姫「お前そこはカバーしろよぉ”!!!」

大野「ごめんなさい...」

姫「あー、もうマジでだるぃ」




32名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/11/20(木) 02:53:58.58 ID:5yzWHTTi0.net

そして試合終了、俺らは勝利した。そして姫を散々煽ってやることにした

姫・大野「・・・。」

中野「そっちのチーム負けちゃいましたねww大丈夫っすかw」

姫「回線が...」

俺「青回線でしたよね」

姫「うるせーよwお前途中まで中野の足ひっぱってたろww」

中野「でも後半から巻き返して勝っちゃいましたよねw大丈夫っすかw」

姫「大野がわりーんだよ!!」

中野「大野さんのほうが姫よりスコア高いっすよww」

姫「・・・。」

俺「姫さーん?ww」

姫「うるぜえ”え”え”え”んだよおまえらぁ”あ”あ”!!!」

俺らは一瞬固まった。まさか奇声を上げるとは思っていなかった




33名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/11/20(木) 02:55:13.80 ID:5yzWHTTi0.net

俺「え?大丈夫っすk」

姫「てめえ何様なんだよお”お”お”!!!お前ら年下だろお”お”!?!?」

中野「ちょww落ち着いてww」

俺「俺ら19っすよww姫さんって何歳なんすか?ww」

姫「お前らよりは年上なんだよお”お”!!年上敬えよお”!!!!」

俺「いいから何歳なんですかwwwww」

姫「うるせえんだy」

大野「姫さんは今年31歳だよ」

俺・中野「マジかよwwwww大先輩じゃんwwww」

姫「大野ぉ”お”お”お”!!!だまれえ”え”え”!!」

大野も俺達に加勢した




34名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/11/20(木) 02:57:41.40 ID:5yzWHTTi0.net

姫「お前は誰にも話さないと思って話したのに”ぃ”い”い”」

姫「なんでお前うらぎんだよぉ・・・・うぅ」

ここで泣き始める姫

大野「もう嫌なんです・・!いつもコケにされて・・・!!」

大野「対等な関係だったら僕はそれで満足なのに・・・」

姫「そっかぁあ・・大野ぉごめんよぉ・・・うっう」

大野「・・・。」

中野「姫さんwwいつもオンラインですけど普段何してんすかwww」

姫「あ”あ”あ”あ”ぁ”あ”!!!!!」


この後姫は即効でログアウトして俺と中野はブロックされてた

大野の話だとこの時、姫はニートだったらしい。大野はまだ関わりがあって

たまに一緒にゲームしてるらしいが最近は仕事(フリーターかもしれない)を見つけて
忙しいから一緒にできてないんだと




35名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/11/20(木) 02:58:35.21 ID:5yzWHTTi0.net

終わり、見てくれてありがとw

あんまり落ちもやまも無いけどありがとー




38名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/11/20(木) 03:19:11.21 ID:F8na2Wwi0.net

闇が深い




40名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/11/20(木) 04:48:42.75 ID:ckwyWVJG0.net

この姫()にとっちゃ良くあることだったんでねーの




41名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/11/20(木) 18:22:23.36 ID:ZLTdHYEF0.net

まあ成長してあんまキレなくなるわそのうち。FPSは特にそう。痛い目見た後は更に




37名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/11/20(木) 03:07:25.05 ID:p9sFpcpd0.net

こういうやつは男女関係なくめんどくさいよな




引用元:ゲームクランの姫に一泡吹かせてやった話


オススメまとめ記事!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加