1以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 13:18:04.73 ID:/uwWCcZ/0.net

僕が街を歩いていると、アイポッドで音楽を聴きながらガムをかんでいる少女が話しかけてきた。

「死にたいんです」と少女は言った。

このご時世、死にたい人は珍しくないし、僕も死にたかったので、僕はとくに驚かなかった。

「死にたいんですね」と僕は言った。

「そうなの。死にたいの。」と少女は言った。

僕たちはしばらくそこに立っていたが、やがてどちらからともなく言った。「
>>5に行きませんか?」




2以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 13:18:43.81 ID:aMMWMkt70.net

安楽死施設




4以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 13:18:59.74 ID:qalAjdvS0.net

健康ランド




5以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 13:19:12.08 ID:a21H3Dp60.net

ラブホ




7以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 13:21:01.98 ID:qosRL50PO.net

>>5
gj




6以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 13:20:34.12 ID:EBN37km30.net

よくやった






8以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 13:22:46.26 ID:/uwWCcZ/0.net

僕たちはラブホテルにいた。

死にたいという厭世観。絶望。渇き。

それらの感情を満たしてくれるのは、セッ●スだけだと思ったのだ。

僕たちはラブホテルについて、何も話すべきことがなかったのでどちらも黙っていた。

豪華な装飾がどこまでもばからしくて、僕たちは広すぎる部屋のベッドに座っていた。

「先にシャワー浴びてきたら?」と僕は言った。「
>>10」と少女は言った。




9以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 13:23:07.03 ID:Q/yGL80j0.net

音楽聞きながらとか話聞く気ないな




10以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 13:23:08.75 ID:e8qSCnif0.net

何様だよ




11以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 13:23:17.77 ID:qalAjdvS0.net

えなり?




13以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 13:28:15.21 ID:/uwWCcZ/0.net

「何様だよ」と少女は言った。

「それとも僕がシャワー浴びてこようか?」と僕は言った

少女は黙っていた。まるで長年誰にも発掘されなかった花崗岩のようだった。

少女が不機嫌なので、僕はシャワーを浴びるのを辞めてテレビをつけてみた。

テレビでは援助●際で出会った男に少女が殺害されて死体遺棄されたというニュースがやっていた。

僕はタイミングが悪いなあと思った。すると突然少女が
>>15を始めた。




14以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 13:29:27.00 ID:EBN37km30.net

花崗岩ワロタ

st




15以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 13:29:28.88 ID:X0y1SY9y0.net

主砲のチャージ




47以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:00:26.67 ID:lt946AHW0.net

>>15
電車内で声だしてワロタ




119以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 15:03:17.36 ID:o9TU+dtH0.net


今回のMVPは>>15かな




18以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 13:33:47.63 ID:/uwWCcZ/0.net

少女はバックから戦艦のフィギュアを取り出して、主砲のチャージを始めた。

「第三次世界大戦が始まれば、あたしは戦士として殉死するのに」と少女は言った。

きっとその少女は危険な思想の持ち主なんだろうなと僕は思った。

「そんなことより、ふたりで気持ちいいことしようよ」と僕は言ってみた。

「あら、あなたのペ●スであたしを満足させられると思ってるの?」と少女は言った。

「やってみないと分からないだろ」と僕は言って彼女を
>>20した。




19以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 13:34:45.14 ID:e33lmfbU0.net

スローセッ●スで骨抜きに




20以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 13:34:47.45 ID:70y2Kshm0.net

押し倒




21以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 13:34:50.08 ID:OYxc3+Xh0.net

外に吹きとば




23以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 13:39:44.18 ID:/uwWCcZ/0.net

僕が彼女を押し倒すと、彼女は抵抗せずに、横を向いた。

もう死にたいから、どうなってもいいというような表情だった。

僕は彼女をやさしく包んであげたいと思った。

「どうして死にたいの?」と僕は聴いてみた。

「なんとなく」と少女は言った。

僕は彼女の服をやさしく脱がせていった。その時、急に
>>25の大きな音がした。




24以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 13:40:12.66 ID:Focvs6GS0.net





25以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 13:40:17.86 ID:OYxc3+Xh0.net

ホテル倒壊




26以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 13:40:30.54 ID:e33lmfbU0.net

ジャイアンのリサイタル




27以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 13:43:17.01 ID:/uwWCcZ/0.net

「ガラガラ…!!!」と大きな音がして、突然ホテルが倒壊し始めた。

僕たちはどうなってもいいと思っていたので、そのまま行為を続けた。

やがて音は静かになり、パトカーや消防車の音が近づいてきた。

どうやらホテルのどこかで火事が発生したみたいだった。

炎は僕たちの部屋にまで迫ってきていた。

「一緒に死んでくれる?」と少女は言った。僕は「
>>30」と言った。




28以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 13:43:56.18 ID:e33lmfbU0.net

最悪でも君だけは死なせない




29以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 13:45:10.02 ID:fhWyvHA5O.net

やなこったのパンナコッタ




30以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 13:45:13.38 ID:OYxc3+Xh0.net

ちくわ大明神




31以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 13:45:13.45 ID:70y2Kshm0.net

中に出すぞっ///




34以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 13:50:22.42 ID:/uwWCcZ/0.net

「ちくわ大明神」と僕は言った。僕が言ったのだが、確かに誰か別の人の声がした。

「誰だ今の」と少女は言った。

そうこうしているうちに、炎が迫ってきた。

僕たちは全裸だったので、メラメラと迫ってくる炎で焼け死んでしまうかと思うと、ぞっとした。

「死にたいって言ってたのに、いざ死にそうになると、生きたいと思うんだな」と僕は言った。

少女は戦艦のフィギュアにおまじないをかけると、フィギュアは等身大にサイズを変えた。僕たちは戦車で
>>37に向かった。




39以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 13:52:30.03 ID:/uwWCcZ/0.net

>>34

○ 戦艦で
× 戦車で

st




35以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 13:51:10.60 ID:xY1nHA6s0.net

他のラブホ




36以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 13:51:12.21 ID:RL/xwGlK0.net

ラブホ




37以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 13:51:21.76 ID:OYxc3+Xh0.net

地下マントル




40以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 13:53:22.96 ID:e33lmfbU0.net

ここでもドジっ子ぶりを発揮するのか…




41以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 13:53:28.31 ID:fhWyvHA5O.net

少女が妙にノリが良くて笑う




42以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 13:56:11.48 ID:UQ96vvSLi.net

僕はどんだけラブホ行きたいんだよ




43以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 13:56:20.63 ID:/uwWCcZ/0.net

その戦艦は特殊に改良を加えられており、地下を掘削して進むことができた。

「危うく死ぬところだった。」と僕は言った。

「行くわよ」と少女は言った。

「でも、僕たちはどこに向かっているんだろう」と不安になって僕は言った。

「決まってるじゃない」と決然と少女は言った。

「地下マントルにいる
>>45を倒すためよ」




45以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 13:56:55.13 ID:OYxc3+Xh0.net





46以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 13:57:28.30 ID:e33lmfbU0.net

冴羽リョウ




48以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:00:39.64 ID:/uwWCcZ/0.net

「地下マントルにいる姉を倒すためよ」と少女は言った。

さっきまで死にたいと言っていたはずの少女は、いつしか心強い存在になっていた。

「君のお姉さんが、地下マントルで何かしているの?」と僕は頭を抱えながら言った。

「姉は地下にある迷宮で、世界の闇の勢力を牛耳っているの」

「へぇ」と僕は話についていけなくなりそうになりながら言った。

「もうすぐ第三次世界大戦がはじまろうとしている。それをどうにかして止めなければ」

さっきと言ってること違うなぁと思いながら、僕は遠く離れたところにいる
>>51のことを想った。




49以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:01:28.78 ID:sDc0wMINi.net

本田圭佑




50以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:01:55.43 ID:ARj5SglM0.net

火星のゴキブリ




51以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:01:58.67 ID:j7HahLyz0.net

はずの生き別れの妹




52以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:02:00.38 ID:OYxc3+Xh0.net

TOTO便器




55以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:05:00.69 ID:/uwWCcZ/0.net

生き別れた妹はどこかに生活しているはずだった。

とてもかわいかった妹。

一緒にお風呂に入った妹。

毛が生えてきて、お風呂に一緒に入らなくなった妹。

あのときの事件さえなければ一緒に生活しているはずだった妹。

僕たちはやがて少女の姉がいる迷宮にたどり着いた。

「こっちよ」と言って少女は僕の
>>58を掴んで歩き出した。




56以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:05:28.83 ID:b2TBqjOc0.net

第123の腕




57以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:05:50.98 ID:fhWyvHA5O.net

鼻毛




58以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:05:51.97 ID:FagqfRP00.net

生き別れの妹




61以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:06:47.73 ID:fhWyvHA5O.net

>>58
クッソワロタwww




60以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:05:57.80 ID:dXGgNu6h0.net

主砲




63以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:11:33.63 ID:/uwWCcZ/0.net

「いたた…」と僕の生き別れの妹は言った。

「お前は…生き別れたはずの妹?」と僕は驚いて言った。

「お兄ちゃん!」と妹は言った。

「あら、彼女と知り合いなの?」と少女は言った。

「妹なんだ。玩具売り場で行方不明になったんだ」と僕は言った。

「彼女は戦艦のフィギュアについてきたフィギュアよ。一緒に等身化したのね」と少女が言った瞬間、僕らは
>>65にぶつかった。




64以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:11:43.98 ID:BAKbt1td0.net

おい




おいwwwwwwwwwww
st




65以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:12:08.93 ID:FagqfRP00.net

ち●こ




67以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:15:03.15 ID:/uwWCcZ/0.net

僕らの行く手にそびえ立っていたのは、巨大なち●こだった。

「いたた…」と尻もちをついた妹は言った。

「このち●こは迷宮の入り口なの。亀頭を刺激すれば液体が飛び出して小さくなるわ」と少女は言った。

「僕が行って来よう」と僕は男らしく行った。ペ●スも好きなのだ。

僕が亀頭をマッサージしていると、妹と少女の悲鳴が聞こえた。

「気を付けて!上を見なさい!」と少女が言った。上を見上げると
>>70が僕を飲み込もうとしていた。




68以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:16:30.41 ID:b2TBqjOc0.net

全て




69以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:16:33.15 ID:ARj5SglM0.net





70以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:16:40.74 ID:j7HahLyz0.net

妹のま●こ




72以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:19:16.97 ID:fhWyvHA5O.net

どういうことだよ…




73以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:20:43.87 ID:wtJTKV+h0.net





75以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:21:24.90 ID:/uwWCcZ/0.net

僕が上を見上げると、巨大化した妹のま●こが僕を飲み込もうとしていた。

「お兄ちゃん、避けて!」と妹は言ったが、僕は巨大なち●こごと妹のま●こに飲み込まれてしまった。

妹は騎乗位でなんども巨大なち●こに入ったり出たりして、次第に巨大なち●こが脈打つと、ねばねばした液体を放出した。

「今のうちにいくわよ」と少女が言った。

僕はま●この液体とち●この液体にまみれながら、迷宮の先を目指した。

「妹さんのおかげで通れたわ」と少女は言った。妹は普通のサイズになってついてきた。しかし今度は
>>77にぶつかった。




76以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:22:28.50 ID:b2TBqjOc0.net

全て




77以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:22:35.34 ID:j7HahLyz0.net

少女のおっぱい(D)




79以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:25:32.99 ID:fhWyvHA5O.net

サイズまで指定済みなのかよ




80以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:26:16.39 ID:/uwWCcZ/0.net

「ドン」と僕が急に立ち止まったので、後ろを歩く少女のおっぱい(D)にぶつかってしまった。

「あ、なんか急に死にたくなってきた。第三次世界大戦始まればいいのに」と少女は言った。

「お兄ちゃん、あれ…!」と妹が指差した先には、2匹の鬼のような生き物がいた。

「倒すにはどうしたらいいんだ?」と僕は少女に聴いた。

「3人で歌えばきっと大丈夫よ!」と妹がファンタジックに言った。

僕らは迷宮の中で
>>83の歌を高らかにうたった。それはどこまでも響く天使の歌声のようだった。




81以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:26:45.14 ID:b2TBqjOc0.net

全て




82以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:27:35.81 ID:FagqfRP00.net

エロゲ




83以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:27:38.42 ID:A7STfB770.net

デスメタル




86以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:29:52.24 ID:InPyf+Lf0.net

マサイ族




87以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:30:50.67 ID:+79YCX1D0.net

安価指定の時点でもう既におかしい




88以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:32:41.77 ID:/uwWCcZ/0.net

僕らはデスメタルのDeath I Amを何度も歌った。

その音につられて、閉ざされていた扉を鬼たちが破壊し始めた。

「今がチャンスよ」と少女は言って、走り出した。

僕はデスメタルを歌いながら扉を通り抜けた。

「お兄ちゃん!」と妹が鬼に捕まりながら言った。

僕と少女は妹に「
>>91」と叫ぶと、先を急いだ。




89以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:34:32.74 ID:wtJTKV+h0.net

PKファイアー




90以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:34:58.79 ID:gjgnMANz0.net

PKサンダー




91以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:35:01.89 ID:j7HahLyz0.net

身に着けているものを全て脱げ!!!




93以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:38:30.38 ID:/uwWCcZ/0.net

「身に着けているものをすべて脱げ!」と叫ぶと、僕と少女は迷宮の先を急いだ。

「時間がないわ」と少女は言った。

「君のお姉さんはこの中にいるの?」と僕は聴いてみた。

「あたしのことかしら?」とその時少女の姉は言った。

「姉さん…!」と少女は驚いて言った。

「第三次世界大戦を引き起こす地下大領虐殺兵器を中国にしかけたわ。これで世界は終わる。」と姉は言った。

>>96でもしませんか?」と僕は提案してみた。




94以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:39:12.17 ID:b2TBqjOc0.net

全て




95以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:39:18.12 ID:DaGTZIsd0.net

H




96以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:39:25.01 ID:FagqfRP00.net

妹達も呼んで乱交




100以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:42:45.26 ID:/uwWCcZ/0.net

「妹たちも呼んで乱交でもしませんか?」と僕は提案してみた。

その後、少女、少女の姉、鬼たち、妹、そして僕の6人で乱交が始まった。

鬼たちのペ●スは黒人並みで、少女と少女の姉は「窒息しそう」と言っていた。

妹は巨大化して、入り口の巨大なち●ことまたセッ●スを始めた。

僕は一人残されてしまい、壮絶な光景を見ながらマ●ターベーションをした。

「死にたい」と少女が言った。その時、「大変だ!」と言う声がして
>>103が入ってきた。




101以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:44:12.00 ID:b2TBqjOc0.net

対人類最終決戦兵器[AXF-37886]




102以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:44:37.54 ID:b2TBqjOc0.net

>>101




103以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:44:40.16 ID:SCmtkblT0.net





104以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:48:12.38 ID:/uwWCcZ/0.net

その時、「大変だ!」と言いながら俺氏が入ってきた。

「中国の破壊兵器が作動したらしい。その余波が5分後にここに到達する」と俺氏は言った。

俺氏はこの迷宮の全体のセキュリティを管理している人だった。

「今すぐ逃げましょう!」と俺氏と姉は逃げ出した。

「あたしたちも逃げるわよ」と少女は戦艦に乗り込んだ。

「あたしは…ここにのこるわ」と妹は巨大なち●ことセッ●スをしながら言った。

「どうして…?」と僕は戦艦から言った。「さよなら」と妹は言った。そして戦艦は地下マントルから脱出し、太平洋へと浮上した。

その時、大きな津波が発生した。僕と少女は戦艦ごと
>>107に流された。




105以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:50:28.91 ID:27reCqXY0.net

>>1 の家




106以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:50:53.32 ID:+79YCX1D0.net

ボンビラス星




107以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:50:59.37 ID:o9TU+dtH0.net

時代の波




108以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:51:16.25 ID:InPyf+Lf0.net

わろた




109以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:51:51.08 ID:27reCqXY0.net

流されちまったか




110以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:53:54.71 ID:/uwWCcZ/0.net

僕たちは時代の波に流された。

誰もが孤独を抱え、心のどこかで「死にたい」と思うような生活。

何かに依存し、すがりつき、必死に生きようとする自分。

そんな矛盾を抱えながら、僕たちは今日も生きていかなければならない。

妹はきょだいなち●こと一緒に地下マントルの迷宮で死んだ。

「生きる」と少女は言った。その眼は
>>113のように静かな強さを持っていた。




111以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:55:46.45 ID:zUKkGdtS0.net

生まれたての子鹿




113以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 14:55:53.93 ID:o9TU+dtH0.net

ケブカオオウミウシ




115以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 15:00:23.93 ID:/uwWCcZ/0.net

その眼はケブカオオウミウシのように静かな強さを持っていた。

「これからどうするの?」と僕は言った。

「さっきの破壊兵器の使用がきっかけで第三次世界大戦がはじまるわ」と少女は言った。

「君は戦死する」と僕は言った。

「いいえ、生きる。何が何でも生き抜いて見せる」と彼女はケブカオオウミウシのような目で言った。

その夜、第三次世界大戦がはじまった。僕たちは戦艦を普通のサイズに戻し、街へ戻った。

「とりあえず」と二人が言ったのは同時だった。

そして僕らはラブホテルに向かった。いつの時代でも、人間の本能は殺し合い、セッ●スをするようにできているのだ。

おわり




117以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 15:02:36.53 ID:e33lmfbU0.net

頑張ったな




118以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 15:02:38.15 ID:wtJTKV+h0.net

え、終わりなの




120以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 15:05:50.41 ID:/uwWCcZ/0.net

おつかれさまでした!

ありがとうございました!




116以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/07(日) 15:01:39.71 ID:+79YCX1D0.net





引用元:少女「死にたいんです」僕「死にたいんですね」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加