1以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/04/28(月) 11:09:30.59 ID:L1fXLb730.net

面接官「なぜ、弊社を受けてみようと思わ れたのですか。」
僕「正直、どこでも良かったんだ。僕の曲折したペ●スを包んでくれるなら。蚕が作 り上げる繭のように、曖昧な濃度で包んで くれるなら。」
嘘偽りなく述べた。というより僕はこの問いに関し、残念ながらそれ以上有効な定義を持ち合わせていない。
面接官「…あぁ。」
彼の視線は一瞬宙を舞い、
その後は溶けていくオンザロックの氷を静かに見つめていた。

面接官「これで面接は終了です。」 と一言だけ残し、安っぽいプラスティックの机を支えにして立ち上がり、
颯爽と時の流砂に消えていった。

今でも、この光景は体内に焼き付いてい る。
丹念に食道から十二指腸まで。
何も言えなかった。
人の心に届かせる為の 言葉を紡ぐ事ができなかった。
ほんと、どうしようもない僕自身のことを。

村上 春樹(むらかみ はるき、1949年1月12日 - )は、日本の小説家、アメリカ文学翻訳家。

京都府京都市伏見区に生まれ、兵庫県西宮市・芦屋市に育つ。
早稲田大学第一文学部演劇科卒業、ジャズ喫茶の経営を経て、1979年、『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞しデビュー
。当時のアメリカ文学から影響を受けた文体で都会生活を描いて注目を浴び、村上龍と共に時代を代表する作家と目される。
1987年発表の『ノルウェイの森』は上下430万部を売るベストセラーとなり、これをきっかけに村上春樹ブームが起きる。
その他の主な作品に『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』など。

http://ja.wikipedia.org/wiki/村上 春樹




2以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/04/28(月) 11:11:09.54 ID:GkNHfp+10.net

やれやれ




3以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/04/28(月) 11:11:23.83 ID:oovXvsyV0.net

僕は射精した






4以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/04/28(月) 11:11:57.86 ID:L1fXLb730.net

どうよ
ちょっと自信ある




5以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/04/28(月) 11:12:12.74 ID:EpBrgJiJ0.net

やれやれ、僕は射精した




8以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/04/28(月) 11:15:01.62 ID:sQM2DUHf0.net

>僕の曲折したペ●スを包んでくれるなら

ノルウェーの森かこれ




10以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/04/28(月) 11:15:28.69 ID:L1fXLb730.net

>>8
しらんけど村上春樹は
そんなこと言ってるイメージ




11以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/04/28(月) 11:16:03.83 ID:E7S1Vjjq0.net

面白い
もっと




12以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/04/28(月) 11:17:40.41 ID:sQM2DUHf0.net

>その後は溶けていくオンザロックの氷を静かに見つめていた

これは1Q84




17 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2014/04/28(月) 11:28:56.61 ID:YQmOiDa50.net

わからないな。どうして今ここでこんな面接を受ける意味があるんだ?




15以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/04/28(月) 11:27:18.83 ID:L1fXLb730.net

次は森博嗣風に書いた




18以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/04/28(月) 11:29:12.18 ID:L1fXLb730.net

面接官「なぜ、弊社を受けてみようと思わ れたのですか。」 僕「僕にもわかりません。そもそも、受け ていないのかもしれない。君の夢の役者に 僕を据え置いたのかもしれないね。」
彼は僕の発言に対し、くすくすと笑った。
どうして笑ったのかは今でもわからない。
いや、わかっていようがいまいが関係ない。 おそらく、理屈や道理はないのだろう。

面接官「…あぁ。」
彼の瞳から倦怠が滲み出て、部屋を埋め尽 くした。

面接官「これで面接は終了です。」 と一言だけ残した。 安っぽいプラスティックの机を支えにして 立ち上がった。
椅子はまるで机の求婚から逃げるように後ろへ引かれた。
そして裏手のドアノブに触れた。 そのドアノブは内側に穴がーーー少なくとも内側にはーーー穴が空いており、表面が虹色に輝いていた。

森 博嗣(もり ひろし)は、日本の小説家、工学博士。
元名古屋大学助教授。
ローマ字表記はMORI Hiroshi。
妻はイラストレータのささきすばる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/森 博嗣




23以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/04/28(月) 11:37:11.87 ID:J0wU/UzX0.net

>>18
こっちの方がそれっぽい




21以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/04/28(月) 11:32:29.36 ID:Yqx4tjsb0.net

才能あると思う




22以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/04/28(月) 11:36:27.83 ID:d/9dRCN+0.net

やれやれ、僕は出産した




25以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/04/28(月) 11:38:50.83 ID:nL3nPzXgi.net

村上はもっと意味不明な事を言ってるイメージ
この文章は簡潔な感じ




28以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/04/28(月) 11:40:43.68 ID:tco6XWT10.net

村上春樹読んだ事ないけど上手い




30以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/04/28(月) 11:45:18.18 ID:L1fXLb730.net

京極夏彦風に書こうとしたけど、めちゃむずすぎて挫折した。


面接官「何故、弊社を受けてみようと思わ れたのですか。」
己は据えられた資料を横に除けて、両の手を机に突き、深深と頭を下げた。額が擦れ、爛れ創めた。
面接官は蝦蟇のように見難く潰れた容貌で 一方的に見下した。
其の両眼は充血し潤んでいる。
瞳の中は灰を塗したかのように黒い痘痕となっている。
永きに亘る沈黙が続く。

りん、と何処かで風鈴の音がした。

京極 夏彦(きょうごく なつひこ、1963年3月26日- )は、日本の小説家、妖怪研究家、アートディレクター。
世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)、関東水木会会員、東アジア恠異学会会員。
「怪談之怪」発起人の一人。
北海道小樽市出身。
北海道倶知安高等学校卒業、専修学校桑沢デザイン研究所中退。
代表作に『百鬼夜行シリーズ』、『巷説百物語シリーズ』など。
株式会社大沢オフィス所属。
公式サイト「大極宮」も参照。

http://ja.wikipedia.org/wiki/京極夏彦




33以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/04/28(月) 11:51:33.93 ID:7eH5z2pI0.net

>>30
よんだ事ないけど
あの分厚い本がこんな文章で埋まってるのか……
京極こあい




34以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/04/28(月) 11:52:16.31 ID:L1fXLb730.net

>>33
怒られるかもしれないけど
だいたいこんなん




32以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/04/28(月) 11:49:21.68 ID:NoRRX1ki0.net

>>1
面接中に酒飲んでんのかよ




35以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/04/28(月) 11:52:55.82 ID:kJN35gm90.net

>>32
あるいはね




38以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/04/28(月) 12:00:13.12 ID:2UV/Dyof0.net

森見登美彦とかのも見てみたい




40以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/04/28(月) 12:06:02.36 ID:L1fXLb730.net

>>38
オケ




39以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/04/28(月) 12:03:53.48 ID:aE46MytN0.net

面接官「何故、弊社を受けてみようと思わ れたのですか。」
「理由が必要かい?」と男は微かに笑みを浮かべながら前へ歩を進めた
「怖いなぁそれ以上近寄ると始まっちゃうよ」面接官が椅子から腰を浮かし立ち上がる
ふと足を止めた男が掠れた声で聞いた「そのボールペンでどうしたい」
面接官の手にはボールペンが隠すように逆手に握られていた




41以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/04/28(月) 12:08:47.64 ID:kfhTBFaa0.net

>>39
やたらと実戦を重んじる格闘漫画か




42以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/04/28(月) 12:11:33.12 ID:L1fXLb730.net

森見登美彦風

思うがままに書いた

面接官「何故、弊社を受けてみようと思わ れたのですか。」
僕「この面接を受けている間は他のことを 忘れられるからーーーーだけど、現実はそう上手くはいかないものですね。」
なんたる素直な男なのでしょう。
私は面接な んて過去の遠い遠い産物だと思っていまし たので 彼の心の痛みのなんたるやを救うことはで きませんが、
それでも私が同じように面接 を受けたとしたら
きっと、そうは答えられなかったはず。
なんと純度の高く、湿度の低い会話なのでしょう。
長年、面接官として大きな波や小さな波に もまれ、ちょっとやそっとでは微動だにしない自信がありましたが その背筋をピンと伸ばした彼の姿をみるやいなや、危うく落涙しそうになりました。
まぁ、胸元に隠し持っていた黄色のハンカ チーフで事なきを得たのですが。

森見 登美彦(もりみ とみひこ、1979年1月6日 - )は、日本の小説家。

http://ja.wikipedia.org/wiki/森見 登美彦 




43以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/04/28(月) 12:16:32.40 ID:2UV/Dyof0.net

上手いなー
かなりそれっぽいわ




44以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/04/28(月) 12:17:26.67 ID:+PKXyfynO.net

町田康

そのダライ・ラマの顔を逆さまにしたような顔の社長に、それじゃ面接しよっか面接ほらあの一応株式会社だしあっあっあっ、
つって通されたのは真っ暗な中エンヤが爆音で流れるプラネタリウム装置の設置されたスペイシーな仏間。
そこではそれぞれあらぬ方向に視線を向けた三人の遊女が黙々とガンジャを焚いてて、さすが株式会社。
ってまだ俺は逆さまなダライ・ラマ野郎の思惑に気づかずにいて山火事みたいな大麻の匂いのする仏間、いや、宇宙で質疑応答、ではなく一方的な回答のようなものを拝受した。ウケルー。
「そそそれじゃあね、リラックスして目を閉じて、ほら、見えてきたでしょう?こっ、これが」
「これが?」そう言うと逆ダライ・ラマは深呼吸してはっきりとこう言った。
「愛の、ゾーン」ぶりぶりにキマってる俺はそれがすてきに思えて来て、
「愛の、ゾーン」と復唱していた。
「愛の、ゾーン」
「愛の、ゾーン」
エンヤの歌が終わって部屋が明るくなった。
「それじゃ、今日のセッションはこれくらいで。また後日合否を郵送します」
そう言われハッピーなまま自宅アパートメントにたどり着くと、郵便受けにカラスが首を突っ込んで死んでいた。ウケルー。

町田 康(まちだ こう、1962年1月15日- )は、日本の小説家、詩人、ミュージシャン。
旧芸名は、町田 町蔵(まちだ まちぞう)。
本名は同じ漢字で「まちだ やすし」である。
大阪府堺市出身。
1981年、バンド「INU」のボーカリストとしてアルバム『メシ喰うな!』で歌手デビュー。
同バンド解散後もさまざまな名義で音楽活動を続けるかたわら、俳優としても多数の作品に出演。
1996年には処女小説「くっすん大黒」で文壇デビュー、2000年に小説「きれぎれ」で第123回芥川賞受賞。以後は主に作家として活動している。

http://ja.wikipedia.org/wiki/町田 康




45以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/04/28(月) 12:18:02.46 ID:yGIeY0QH0.net

三島由紀夫風で書いてみてくれ




46以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/04/28(月) 12:19:44.18 ID:IvBBufE70.net

それっぽくてワロワロザウルス




47以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/04/28(月) 12:23:18.77 ID:+PKXyfynO.net

三島由紀夫

面接、と聞いて貞雄はその甘美なる格闘の予感に吐息をもらした。

難しいなww




48以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/04/28(月) 12:25:25.71 ID:8IX7sA7QO.net

これはシリーズ化するべき




49以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/04/28(月) 12:27:52.60 ID:nL3nPzXgi.net

才能あるからもっとお願いします




52以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/04/28(月) 13:16:45.40 ID:WlDreV0r0.net

面接官「何故、弊社を受けてみようと思われたのですか。」
「へ?・・・へいしゃ。んなものぁまだもらったことがありやせんが」
「弊社というのはうちの会社のことです。うちの会社を受けた動機を教えて下さい」
「いや大工(でえく)の仕事なんてな身体が資本ですからね。こないだも熊公がいうんですよ、
『おめえは緊張ってもんをしらねえ、心臓に毛が生えてんじゃねえか』なんてね。
ご隠居じゃあるめぇし、動悸なんてなったことがありやせんよ」
「おいおい変な人が来ちゃったよこりゃ。その動悸じゃありません。どうしてうちの会社の面接を
受けに来たんですか、と聞いてるんです」
「なんだそんなことですか。もっと早く言ってくれりゃいいのに、いけず!いやんばかん」
「おーい、誰か面接変わってくれー」

ごめん、みんなみたいなものはかけないから落語風に書いてみたお(´・ω・`)




53以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/04/28(月) 13:23:04.52 ID:+PKXyfynO.net

>>52
俺は好きだぜwww

面接官「特技に語学とありますが?」
就活生「はい、父の仕事の都合で、日本語と落語が話せます」




55 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 【Dnews4vip1380277767650108】 2014/04/28(月) 13:27:14.38 ID:4ATmSK/Qi.net

>>1読んでて村上春樹の「鏡」思い出した




57以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/04/28(月) 13:29:39.37 ID:t2MFVfAb0.net

 「なぜ、弊社を受けてみようと思われたのですか」
と面接官の男は私に訊ねた。男の瞳は黒く淀んでいた。それが私には、豪奢で濃密な闇が、網膜を蝕んでいるように見えた。一方で私はこの瞳と対照をなす輝きを、過去に視覚した記憶がある。
 泥水を踏みしだいて駆け回る少年の目とは、何と眩いものであったのだろう。物質的な美とは懸隔した泥水が
少年期の純真の象徴であるように、社会における栄光は穢れの数と比例するのである。彼の淀んだ瞳は、そこから数多の光が失われたことを物語っていた。




三島むずかしいな

三島 由紀夫(みしま ゆきお、本名:平岡 公威(ひらおか きみたけ)、1925年(大正14年)1月14日 - 1970年(昭和45年)11月25日)は、日本の小説家・劇作家・評論家・政治活動家・民族主義者。血液型はA型。
戦後の日本文学界を代表する作家の一人である。
代表作は小説に『仮面の告白』、『潮騒』、『金閣寺』、『鏡子の家』、『憂国』、『豊饒の海』四部作など、戯曲に『鹿鳴館』、『近代能楽集』、『サド侯爵夫人』などがある。
人工性・構築性にあふれる唯美的な作風が特徴。

http://ja.wikipedia.org/wiki/三島 由紀夫




61以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/04/28(月) 13:35:29.99 ID:7JgxjUYN0.net

神スレ




引用元:村上春樹風に面接の事を書いたったwwwwwwwwwwwwwww
  • このエントリーをはてなブックマークに追加