1名無しさん2014/04/04(金)00:36:05 ID:lVQUkUxcN

ヒマな人が呼んでくれればそれでいい。

俺、現在23歳。
恨んでた相手は父親。






312014/04/04(金)00:37:27 ID:lVQUkUxcN

恨めなくなったのはつい最近。
昔の親父は癇癪持ちで、5歳児の俺や姉貴と弟に八つ当たりするようなクズだった。




6名無しさん2014/04/04(金)00:38:46 ID:yk2xvxxiE

うん




812014/04/04(金)00:39:28 ID:lVQUkUxcN

>>1
×呼んで
○読んで

当然、当時幼稚園児だった俺が立ち向かえるワケなかったから、親父の存在は恐ろしかった。
いつキレるんだと怯えながら生活してた。




912014/04/04(金)00:41:49 ID:lVQUkUxcN

親父の影響で酒の席も苦手になったし、大人の怒鳴り声を聞くと動悸が激しくなったりもした。
でも負けちゃいけないと思い、小さな力でもやれる格闘技を覚えたりもした。




10名無しさん2014/04/04(金)00:42:43 ID:WnaGPAdTy

子供が抵抗できないことをイイコトにボコボコ殴ってくるからなあいつらは
高校生の時いつもの様に殴りに部屋に来た親父を半殺しにしたのはいい思い出

家から出て行けって追い出されて親戚の家に泊まってたら
親が迎えに来て親戚に迷惑かけるなって言われた
それから殴られなくなったな




1212014/04/04(金)00:44:57 ID:lVQUkUxcN

>>10
ああ、俺も児童虐待の話を聞く度に腹が立って仕方がないよ。




1112014/04/04(金)00:44:14 ID:lVQUkUxcN

親父は起こりさえしなければ安全だったけど、それでも基本的に威圧的。
店の新人アルバイトらしき人相手に「あ?こんなのもわかんねぇの?」と、とにかく追い込む。
中には親父の圧力に耐えられず泣いてしまう人もいた。




1312014/04/04(金)00:48:29 ID:lVQUkUxcN

あまりに攻撃的な性格だったから、出来る限り親父と一緒に外を歩かなければならない行事は避けるよう努力してきた。
まあ実家への里帰りではずっと一緒なんだけど。

特に高速使って帰省するときは安全運転すらしてくれない。
ビュンビュンと追い抜かすし、アイツが自分の家族と一緒に乗ってること忘れてるんじゃないかと思ったこともある。




1412014/04/04(金)00:50:06 ID:lVQUkUxcN

もう、この人からさっさと距離を置こうって思ってバイトを始めたりもした。
高校入ってからゲーセンとコンビニで働いて、そこそこの金を溜め込んだ。




1612014/04/04(金)00:51:52 ID:lVQUkUxcN

けど高校生になった辺りから親父の様子がおかしい。
昔は酒を飲むと絡んできた癖に、この頃から「おう、頑張れよ」ってバイトに行く俺を見送るようになった。




1712014/04/04(金)00:53:32 ID:lVQUkUxcN

ハッキリ言って、穏やかになったんだ。
三つ子の魂百まで、ってあるぐらいだからこの人の性根は死ぬまで変わらないと思っていたのに、
いつの間にか子供の成長を見守る普通の親になってたんだ。




1812014/04/04(金)00:55:53 ID:lVQUkUxcN

正直、混乱したよ。
もしかしてコイツは俺が成長して暴力に対抗出来るようになったことにビビって、
やり返されない内に自分が無害だと主張しようといてるんじゃないかと邪推したりもした。




19名無しさん2014/04/04(金)00:56:23 ID:nQkfNkmcE

見てるよ




2012014/04/04(金)00:58:41 ID:lVQUkUxcN

>>19
サンクス

それからしばらくして、俺にも進路相談をしなきゃならない時期がやって来た。
俺は早く家から出ていきたかったから就職を選んだんだが、親父は真剣な目で大学に行くよう勧めた。




21名無しさん2014/04/04(金)00:59:55 ID:uCCNGjyJT

俺もそういう親いたけど
最後まで信用せずに家から追い出したよ




2312014/04/04(金)01:01:09 ID:lVQUkUxcN

>>21
お前が追い出したのかwww




2212014/04/04(金)01:00:22 ID:lVQUkUxcN

もうね、笑っちゃったよ。
子供を大事に出来ないクズが俺の将来を案じて大学に行けって言ったんだぜ?
下手したら親からの暴力を理由に不良になってたかもしれないのにだぞ?




2412014/04/04(金)01:02:28 ID:lVQUkUxcN

それに俺は大学に行く意思がなかったから勉強もあまりしてない。
せいぜい教師に叱られないよう宿題だけやるだけだった。




25名無しさん2014/04/04(金)01:03:31 ID:uCCNGjyJT

信用すんなよ
そういう奴は許してもまたやるからな




2612014/04/04(金)01:04:23 ID:lVQUkUxcN

で、学力的に進学が無意味だって親父に言ったら、
「行ってこい。金はあるから、奨学金を狙わなくてもいい。ただモラトリアムを大事にしろ」
と父親らしいセリフを吐いた。




3012014/04/04(金)01:08:55 ID:lVQUkUxcN

>>26
続き

大事にとか、金はあるとか、今さら父親らしいことを言われて、初めて溜ってたものを全部吐き出した。
「ふざけんな!お前にビビって暮らしてきた俺に今さら優しくすんな!」って。




27名無しさん2014/04/04(金)01:04:36 ID:i8ZduvFmp

クズ要素って八つ当たりだけ?




2812014/04/04(金)01:06:54 ID:lVQUkUxcN

>>27
八つ当たりは基本的に暴力かな。
家の壁殴って穴開けたりもあったし、姉貴を蹴ったりもしてた。
あとは幼稚園児だった弟に酒飲ませたり、自分の意見だけが通れば他人の言葉なんて聞く耳持たなかった。




29名無しさん2014/04/04(金)01:07:57 ID:uCCNGjyJT

俺も酒飲まされたりしたわ

母に乱暴する親父を必死でとめたし




31名無しさん2014/04/04(金)01:10:14 ID:rwSuPr1Fo

けっこうおもしろち




3212014/04/04(金)01:11:13 ID:lVQUkUxcN

そしたらさ、親父は背筋を伸ばして言うんだよ。
「だからお前を立派にしなきゃならんのだろ。俺みたいになりたくないのは、ずっと見てたからわかる」と。
逃げもせず言い訳もなしに、俺を立派な大人にするって言ったんだ。




33名無しさん2014/04/04(金)01:12:46 ID:FFwLSO8Dg

けっこうおもちもち




3412014/04/04(金)01:14:20 ID:lVQUkUxcN

俺「殴り殺されても文句は言えないよな?抵抗していいと思うなよ?」

親父「殴られるまでなら抵抗しない。だが殺すとなるとダメだ。お前を犯罪者にさせて堪るか」

俺「それは卑怯だろ」

親父「でも正しいだろ。ずっとひたむきに努力してきた息子を俺のせいで犯罪者にしていいわけがない」




35名無しさん2014/04/04(金)01:15:17 ID:FFwLSO8Dg

うわぁ恥ずかしいやりとりwwwwwwwwwwwwww




3612014/04/04(金)01:17:50 ID:lVQUkUxcN

>>35
俺だってこの会話が終わってからは顔から火が出る思いだったわwww

コイツの口から「息子」って単語が出るなんて思わなかった。
で、どうして親父がこんな理性的に話せるのか訊いたんだ。




3712014/04/04(金)01:19:35 ID:lVQUkUxcN

すると親父は
「仕事柄、大人でも本を読むようになるから、その過程で落ち着いて話すことの重要さを知った」
ということらしい。

驚いたことに、親父は自力で自分に足りないものに気付いて、それを補おうとしてきたらしい。




38名無しさん2014/04/04(金)01:21:25 ID:uCCNGjyJT

なんだそいつ
散々アホなことやっといて親字面とか、死ねよ




3912014/04/04(金)01:22:19 ID:lVQUkUxcN

身体が大人になって見方が変わるならわかるが、30過ぎでも子供に暴力振るうような親父がここにきて成長するとは思わなかったんだ。

それから親父は頭を下げて、
「怖い思いさせて悪かった。一生恨まれても構わないから、その代わりちゃんと大学に行ってくれ」
と言った。




40名無しさん2014/04/04(金)01:24:08 ID:W1gHvAAa3

お父さんも親から同じようにされて育ったのかもね
昔は躾と虐待の境界線も今よりずっと曖昧だったし、DVも亭主関白としか認識されてなかったし




4112014/04/04(金)01:24:28 ID:lVQUkUxcN

もうね、今まで密かに殴る練習してきたのは何だったんだよって思ったね。
どんな風に殴ればコイツを倒せるか10年以上考えてきたのに、いざ殴れる状況になって殴れなくなった。
多分、ここで感情に任せて殴ったらあの時の親父と同じになってたんじゃないかな。




42名無しさん2014/04/04(金)01:26:13 ID:i8ZduvFmp

遅れてきた反抗期ですありがとうございました




4312014/04/04(金)01:28:41 ID:lVQUkUxcN

どうしたらいいかわからなくなって、ポロポロと涙が流れた。
殴る理由があったはずなのにそのときの親父は殴っていい相手じゃなかったんだよ。

俺は抵抗できない(しない)相手は殴らないって誓ってた。
いざ殴られるときに「許して下さい。もう過去のことだろ、ふざけんな!」って逃げ惑うクズなら殴れたのに、
抵抗しないんじゃ殴れねえよ。




44名無しさん2014/04/04(金)01:29:28 ID:MAjXkWxLd

見てるぞ




4512014/04/04(金)01:30:00 ID:lVQUkUxcN

結果だけ言えば俺は殴れなかった。




4612014/04/04(金)01:33:32 ID:lVQUkUxcN

その日は進路相談もそこそこに部屋に引きこもって、布団の枕を殴って気を紛らせた。

それから1ヶ月毎に親父と進路の話をする機会が設けられ、その合間を縫って、箸休めのように雑談を持ち掛けられるようになった。
やれSFは好きかだの、どんなドラマのどんなキャラの考えに共感しただの。
16歳になってから親父との再構築が始まった。




4712014/04/04(金)01:36:02 ID:lVQUkUxcN

そこでやっと気付いたんだ。
この人は自分がやったことを忘れて欲しいわけじゃないんだな、って。

俺ら姉兄弟を苦しめたことも確かな過去として受け止めて、その上で逃げないつもりなんだとわかった。




48名無しさん2014/04/04(金)01:38:26 ID:FFwLSO8Dg

ラスボスが死んでたみたいな展開だな・・・




4912014/04/04(金)01:40:30 ID:lVQUkUxcN

>>48
親父の悪の心は死んでたんだろうな

そっからは徐々に親父と打ち解けて、大学に行く決心もついた。
正直今になってもあの頃の恨みとか消化不良のまんまだけど、多分悪い方向には転がらないと思う。




5012014/04/04(金)01:42:43 ID:lVQUkUxcN

で、この話を書き込んだのは、つい先日ある勘違いが解消されたため。

お前らは「性悪説」って知ってるかな?
あれって「人は生まれながらに犯罪者である」って意味じゃないんだよ。




52名無しさん2014/04/04(金)01:44:22 ID:KQsI6968N

その年になって成長出来る親父も立派だね悪い意味の頑固ではなかったんだよ




5412014/04/04(金)01:47:51 ID:lVQUkUxcN

>>52
うん、憎いくらい立派だ

まあ未だに改善されてない部分はあるんだけど、性悪説を知った以上俺はあの人と上手く折り合いを付けようと努力するんだと思う。
この人はこうなんだ、って鼻で笑って補えるようになりたい。

今はそう思ってるよ。




5312014/04/04(金)01:45:01 ID:lVQUkUxcN

この場合の悪は勉強をしない人間を言うんだ。
人は生まれたときから知識を持っているわけじゃないから最初は悪なんだけど、自力で学んで善人になるべきだって考えなんだ。

きっと親父も俺らを苦しめたあとの人生でも学ぶことを怠らず、人としてどうあるべきか哲学したんだろうな。




55名無しさん2014/04/04(金)01:53:45 ID:rwSuPr1Fo

よかった




5612014/04/04(金)01:57:07 ID:lVQUkUxcN

最後まで読んでくれてありがとう。
みんなも身内と憎しみ合うことはあるだろうけど、1回だけでいいから腰を据えて話し合ってやってくれ。

わかり合えるとは思わないが、縁を切りたいと思ってからでも再確認するべきだと俺は信じてる。




57名無しさん2014/04/04(金)02:04:45 ID:kAPka2iwW

泣いた




58名無しさん2014/04/04(金)02:32:30 ID:cGuUQt1Sx

なかなかいい話しでした。
当たり前に親に甘えてるやつらが読んでくれたらいいがその手のやつらは読まないだろうなW




59名無しさん2014/04/04(金)20:38:25 ID:7LAaaiXBz


事実は小説よりも奇なりというか、
にわかには信じがたい内容である。


率直な感想ではあるが
それは人間的成長と言うより、人格が元に戻った考えるべきだと推測される。

一般にそんな心の病ともいえる問題行動が過去にあった人間が、
人格形成安定後に劇的かつ、人間的成長を遂げるとは普通は起こりえない。

この場合はよくあるパターンだが、罪の意識に苛まれて悪循環に陥るケースが多い。
とてもではないが自身の間違いを認めたり、向き合ったりすることは不可能。
またそれ自体が問題行動の引き金となり、同時に問題を起こす人格形成をさらに固定化する。

つまり、それほどの思慮深さや、間違いを認めるもとい罪と向き合う強さは、当人の元々本来持っていたものでは無いかと推測する。
何故、そんな人間が問題行動を起こしたかの理由については、当人が幼少期に虐待を受けていた、
もしくは青年期の忙しさゆえに、起こった問題行動と推測。恐らく前科が付くほどの問題は起こしておるまい。
かなり頭のまわる人間と推測。

中高年期に差し掛かって、生活上の余裕が生まれたために、元々本来の人格に戻り、また問題解決に長けてきたのではないかと推測。

もしくは余程のショック、あるいは身体の変化、薬投与による状態変化が無ければ有るとは考えられない。

第3者に依る客観的な観察と考察があるととても興味深いと考えられます。
可能であれば記載して下さい。




51名無しさん2014/04/04(金)01:43:57 ID:8DMXiPR7w

聖剣伝説2でバグってラスボスに会えなかった事思い出した




引用元:ぶっ殺したくて仕方がなかった相手を恨めなくなった
  • このエントリーをはてなブックマークに追加