西日本・東日本で花粉のピーク この先飛散の多い1週間に

ah_kafun1


 西日本・東日本で花粉のピークを迎えており、東北地方でもすでに本格的な飛散が始まっていると、日本気象協会が伝えている。
この先1週間は飛散量が多い見通しだ。
同協会によると、3月19日は春らしい陽気となり、花粉の飛散が多い予想。
20日は全国的に雨が降りやすく、気温も低めと花粉の飛びにくい条件だが、飛散予想は「やや多い」「多い」がほとんど、それ以降は再び多くの花粉が飛ぶ見込みだ。
全国的に花粉が飛びやすい1週間になるという。


ah_kafun2






ネットユーザーの反応























花粉症には「蓮根」が効く

2014-02-25-83bd91610018d3eea52f01594f7cd8d5-thumb


花粉症対策には、有効な成分が豊富な「れんこん」を食べるのが正解

まず「れんこん」には抗アレルギー性のあるポリフェノールが含まれていると言われていて、アレルギー症状の原因物質である「IgE抗体」を減らす働きがあることが、実証されています。
また、花粉が体内に侵入するのは、目・鼻・のどなどの粘膜から。れんこんに含まれる「ムチン」という成分には粘膜を強くする作用があるため、花粉の刺激による炎症を抑える効果があるのです。

さらに、花粉症をはじめとするアレルギー症状を抑えるには腸内環境を整えることが大切。
「れんこん」には、腸の働きを整えてくれる食物繊維が豊富に含まれています。




おすすめ蓮根レシピ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加