BiQcj-tCcAABrsR







「大阪都構想」を巡って橋下前市長が辞職したことに伴う大阪市長選挙が9日に告示され、4人が立候補して今月23日の投票日に向けて選挙戦に入りました。

大阪市長選挙に立候補したのは、届け出順に▽地域政党・大阪維新の会の公認で日本維新の会が推薦する前市長の橋下徹氏(44)、▽無所属の新人で元派遣社員の二野宮茂雄氏(37)、▽諸派の新人で政治団体代表のマック赤坂氏(65)、▽無所属の新人で元衆議院議員秘書の藤島利久氏(51)の4人です。
届け出を済ませた各候補は有権者に支持を呼びかけました。


橋下徹候補は「再選されたら大阪都構想の設計図を作り、最後は住民投票まで持っていきたい。自民党や民主党や共産党、公明党までが手を組んで、設計図づくりをずるずる引き延ばしている。10年も20年もかけて議論するのではなく、もう1年か2年で勝負しなければいけない」と訴えました。

二野宮茂雄候補は「大阪都構想には反対している。みんながのびのびと楽しく生きられる社会にしていきたいという気持ちで頑張りたい」と訴えました。

マック赤坂候補は「大阪都構想がどうのこうのとか、そういったちっぽけな問題よりもスマイルあふれる大阪にしたい」と訴えました。

藤島利久候補は「大阪都構想は、すでに議会とのあつれきで頓挫している。政治をおもちゃにしてはいけない。都構想ではなく、防災都市構想が必要だ」と訴えました。

詳細はコチラ


関連動画


【腹筋崩壊】マック赤坂 大阪市長選出馬記者会見




【大阪市長選】二野宮茂雄氏 第一声




ネットユーザーの声









おまけ


BiRPovACIAAB1V0




  • このエントリーをはてなブックマークに追加